美髪ストレート情報最新|アイロンストパーとストパーの矯正力の違い

美髪ストレート情報最新|アイロンストパーとストパーの矯正力の違い

美髪ストレート情報最新|アイロンストパーとストパーの矯正力の違いは、毛髪内部たんぱく質の移動をどのレベルのストレスで固定するのかという部分で違いが出てきます。アイロンが重要ということは初めに言っておきますが、なぜ?だと思いますか、薬品後の緩んだ結合状態の毛髪をアイロンで形成するから!だから、アイロンが重要なのです。そしてアイロン技術やアイロン自体の性能によって、使える薬品設定までも変わります。アイロンストパーとは、簡単なアイロン技法により、優し目な薬剤で、主にパーマ取り簡単な癖取りを行う熱処理アイロン技法、目的は、毛髪形状をなるべくストレートに導く、アイロン美髪矯正とは、時間をかけたアイロン方法により、化学反応をアイロンの熱・テンションで収束し美髪状態を継続させる技術、目的は、毛髪の艶感を出すこと、強いクセ取りの保証はありません。

アイロンストパーの特徴

 アイロンストパーは、ダメージのリスクを減らした、癖の弱い方用の技術と覚えておいてください。例えば、この技術を癖の強い方が行うと癖が残ります。癖の強い縮毛の方は、縮毛矯正を行ってください!パーマなどのくせややわらかい毛髪の方は、アイロンストパーがベストかと思います。
アイロンストパーは、薬品のパワーを低い環境で一定に設定しアイロンの技術にたいして時間をかけないように適度に抑えた技術です。縮毛矯正に比べ単価を安く提供できる状態を作っています。よって、適さない癖の強さの方は、癖が残るリスクがあります。例えばエンパニ技術者の考えは、縮毛矯正という技術を受けたときは、全てのくせにあう薬剤設定とアイロンの強弱を設定し、完璧なストレートヘアを作るということを実現しております。しかし、アイロンストパーは、癖の強い方には対応していないため、縮毛の方、癖の強い方、髪の硬い方はかけられません。髪が硬くない方、パーマ取りは、ベストに導けます。弱い髪、人工的な癖という部分をしっかり理解し、ご注文をお願いいたします。アイロンストパーは艶感の保証はありません。

アイロンストパーの利点・欠点

 アイロンストパーの利点は、縮毛矯正に比べ料金が安いことです。通常縮毛矯正では、20,000円以上が、妥当です。技術をしっかり行い、高品質な仕上がりであれば、25000円はいってしまいます。しかし、アイロンストパーは、毛量、長さなどの物理的な状態で料金は加算されますが、技術的なストレスや縮毛矯正のようなリスクがかからない分、料金は下げることができます。基本、デジパーと同等ぐらいと考えると分かりやすいと思います。

 アイロンストパーの欠点は、癖が残ってもそこは、仕方ないと判断することになります。大体、初めに技術者が癖が残るか残らないかをはっきりしてくれます。この状態であれば残るかも知らないと言ってくれると思います。

エンパニ®の美髪矯正シルクレッチ®

 エンパニの場合結合強化に優れているため毛髪に艶を与える効果が高いのです、アイロン美髪矯正シルクレッチ®も同様ダメージのカサカサを取るなど、結合強化に優れています。この技術を行うことで、今までと違う本当にナチュラルな技術になることは間違えありません!一般縮毛矯正や技術と違うことは、基本ダメージがある毛髪に関して、バサバサからシナヤカへと変化が起こります。これらは、ダメージの状態で修正効果がまちまちになりますが、例えば、ダメージを小中強・完全分解(ちりちり)とした場合、小中は、完全に直ります。ダメージ強の場合多少の乾燥は残る状態ですが、今までより確実に良くなります。完全分解(チリチリ)は、ほとんど直りません!これは、毛髪内部に結合物質がなく形状を変化させられないためなです。このようなことを実際に知り今後にお役立て下さい。

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 縮毛矯正 パーマリンク