縮毛矯正の真実(東京エリア)ストレートパーマのメリット・デメリット!ストパーで美髪化を起こす美髪矯正

縮毛矯正の真実(東京エリア)ストレートパーマのメリット・デメリット!ストパーで美髪化を起こす美髪矯正シルクレッチ®

目次

縮毛矯正の真実(東京エリア)ではストレートパーマについての解説

縮毛矯正の真実(東京エリア)ではストレートパーマについての解説 ストパーは、強い酸化作用を使うことなく毛髪にかけたパーマやデジパーをとるという技術を言います。基本的にもともとある毛髪の癖をとれるようなものではなく、人工的なウェーブに対して行う施術として理解してください。

東京縮毛矯正の真実では、現代のストパー事情に対して、最近はアイロンを使う技術が進化し、お客様に喜ばれる髪質改善効果や美髪効果・形状矯正などもアイロンの熱・湿熱効果・テンション・プレス効果・スルー技術全ての内容で様々な変化をつけることができます。

ストレート技術はストパーから美髪縮毛矯正までメリット・デメリットは、このような技術の基本、真実を知るからこそ語れるもので毛髪を極めた弊社グループの極髮美容師にお任せください。

技術、毛髪と薬品の化学反応をよく理解した美容師ならば明確な処理をしてくれます。美容師の仕事は、メーカーから出されている薬品を使いある程度の技術力だけで、実際は塗ったり、洗ったりをするだけを求められる部分なのですが、実は、薬品と毛髪の反応はかなり複雑な関係を持ち、複数の施術を行ってきた毛髪環境状況ではかなり難しくなります。

ストレートパーマは、アイロンを使わない!という安心感からか消費者は、ストレートパーマに可能性を見ていますが、単純にリスクが低い技術ということだけで、ストパーだから成功するというわけではないのです。

ストレートパーマで安心効果、成功を求めるならば、確実に上手い美容師を選ぶことが重要です。ここではそんな美容師たちの特徴を話していきます。

ストレートパーマのメリットデメリット!真実を知るからこそストパー効果 で美髪化現象を起こす事実と証明

東京縮毛矯正の真実ストレートパーマの安心メリット

東京縮毛矯正の真実ストレートパーマの安心メリットです、ストレートパーマというのは、主に、アイロンを使わないストレート技術という理解が世の中ではあります。このメリットで勘違いが起きています、単純にアイロンが下手だからアイロンが危険になっているだけでアイロンが上手ければどんな毛髪にもその効果を見込めるのがアイロン技術です。

縮毛矯正のアイロンでダメージという考えは違います!使う技術者の能力の違いです。

縮毛矯正でアイロンを使わないから安心?こんなことはありません!技術を行う場合、ちょうどよい薬品処理と適切でないアイロン技術を行えば100%ダメージが出ます!しかしこの部分が適切であれば、100%美髪に向かいます。

エンパニ®では、ストレートパーマの進化バージョン美髪矯正シルクレッチ®を公開しています。髪質改善効果に優れ、美髪環境を整え、緩い自分の癖も取れ、人工的な癖も取る形状矯正もできています。

ストレートパーマのメリットは、作業工程が楽なので安いメニューが多いこと!時間が早いこと、癖が残っても仕方ないと考えられることこのようなことがメリットとしていえることです。

東京縮毛矯正の真実ストレートパーマのデメリット

東京縮毛矯正の真実ストレートパーマのデメリットは、ダメな技術結果が全てです。そして癖が残りすぎることと、癖が残った挙句乾燥が始まると確実にバサバサが待っているのがストレートパーマの結末がデメリット!

デメリットを簡単に言うと美容師が失敗するという事!これしかないでしょう。

美容師はその毛髪のあらゆる条件を読み解きます、この実力や、薬品の使い方、薬品作用で起こる表情をしっかり見極め時間や技術内容を設定、さらにアイロン技術を徹底できていればデメリットはないはずです。

美髪化を起こすストパー美髪矯正シルクレッチ

美髪化を起こすストパー美髪矯正シルクレッチは、薬品効果に関して、ストパーレベルの物を使いアイロンで形状矯正を行い結合強化で美髪に導いています。

縮毛矯正(東京エリア)において、毛髪を極める事、その基本をしっかり学べる技術が美髪矯正シルクレッチ®です。すべての技術は、理解が深いと確実な成果を出してくれます。

上手いということは常に毛髪の現象を解っていることです。上手いということは、先に何が起きるかが読めていて、美髪に導くための工程・条件を把握している技術者でしかその結果を出すことができません。

なぜできないを知ることが重要で、そんなことを常に勉強し技術を行っているサロンが下の入口からわかります。

まとめ・ストレートパーマの定義

まとめ・ストレートパーマの定義として、皆様に理解されていることは、アイロンを使わない!このようなことが暗黙の了解の中で理解されている事かと思います。

ここでは、効果的な定義とどのような毛髪にならできるのかということを考えていきましょう!

ストレートパーマは、ウェーブパーマと違いロットをまきません!縮毛矯正と違いアイロンを使いません!以前のストレートパーマは、板状のパネルを何枚も頭に張り付け行っていました!現在では、その行為で毛髪が切れおちた事件が多発したため使用が禁止されています。(パネルと毛髪の間に薬品がついたため)技術をしっかりしているサロンではおこらないことです。さてここで言いたいのは、毛髪を曲げるには、ロットという器具を使います。

縮毛矯正の時にはアイロンを使います。髪に形を付けることに関しては、道具で髪にストレート形状を付けるということをしなければならない!ここがポイントです。さて、ストレートパーマでは、この部分を薬品を強く使用し自然な放置で伸ばすタイプとドライヤーで伸ばすタイプとがあります。

ストレートパーマで薬品を強く使った場合その幹和根が上手い美容師でなければ成功しない!
ドラーヤーを使うタイプの場合は、ブラシの使い方と薬品の使い方がうまくなければ成功しない!

  • ストパーは、癖が強くない毛髪に合います。
  • 髪が頑丈ではない毛髪に合います。
  • 髪が太くない毛髪に合います。
縮毛矯正の真実(東京エリア)美髪研究所情報

東京縮毛矯正開発の美髪化ラボ®
東京美髪研究所エンパニ®公認美容室

東京縮毛矯正情報
住所:東京都大田区久が原1‐9‐4ボナール久が原

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: ストパー パーマリンク