縮毛矯正講座・講習|ダツトリ環境で行う美髪矯正の反応条件その仕組みダメージレスを証明するメカニズム

縮毛矯正講座・講習 ダツトリ環境で行うノートリ(濃厚トリートメント不要)美髪矯正の反応条件やその仕組みについて説明していきます、また、この条件下で美髪になる技術は、毛髪にダメージを起こしていないというダメージレスを証明することができ、そのメカニズムは目からうろこの、化学反応的に正当であり誰もが納得のいくものとなっています。

ダツトリ環境がなぜ良いのか?

それは、美容師が、濃厚トリートメントを使わないという技術レベルを確立しなければならない環境だからです。

なぜ、ダツトリ・ノートリ(濃厚トリートメント不要)でなければならないのか?

なぜトリートメントを使用しないことが良いのか、という問いですが、濃厚トリートメントは、もともとのダメージホールに入り込みそのダメージホールを修正する役目なのですが、ダメージホールがどんどん大きく成長していきます、だから、使わなくて済む技術力が必要なのです。詳しい説明は下で行います。

ダツトリ矯正・美髪ノートリ矯正はダメージレスを証明できる

ノートリートメント・脱トリートメントが行える美容師はどんな美容師だと思いますか?濃厚トリートメントを使用しないということは、技術力だけで毛髪を安定させてしまう実力があるという美容師です。

ノートリートメントで矯正を行うノートリ矯正やダツトリ矯正は、その結果、美髪を作れていることが事実できていれば、毛髪にダメージが出ていないという証明となっているのです。

よって、ダメージレス・ダメージフリーの証明ができているのです。

ダツトリ環境でアイロンが成果を出す理由

ダツトリ環境で毛髪が美髪になる毛髪組織への反応条件は、アイロンによる酸化効果時に毛髪内部結合の結合強化ができるということが重要です。なぜ、ダツトリ技術の美髪矯正はアイロンと薬剤を使うのに美髪になってしまうのかという部分を紐解いていきます。

美髪になる仕組みこれに関しては多くの方がかなり興味深いのではないでしょうか?不思議?たんぱく質使わないのに美髪、ミネラル使わないのに、メーカーからは、これが効くといわれ買ってきたのに?そんな疑問がどんどん出てきます。本当の事実を知ったほうがよいです。最新美髪矯正シルクレッチでは、簡単にシステム化されているので多くの美容師さんが多くのお客様を喜ばせる環境です。

結論

毛髪は内部結合の安定とダメージホールを消滅させれば水分維持力も上がり美髪になる。

最新美髪矯正の反応条件

美髪矯正を行う場合の注意点をこの縮毛矯正講座で話していきます。最新美髪矯正はいかに毛髪をほぐし、柔軟にすること、その部分で毛髪環境の保湿効果環境を壊さない事を守りしっかり保湿環境を作りこむかが重要です、さらに、毛髪のかなめ結合であるS-S結合の切断をして毛髪内部の結合を再度結合強化へ導くことが条件となります。最新美髪矯正を行う際の毛髪環境条件は、毛髪内部の結合が溶解していない事、電離や解離程度であれば大丈夫です。美髪に矯正するということは、毛髪の結合環境が本当に重要なのです。

最新美髪矯正の仕組み

毛髪内部の塩結合の乱れやS-S結合の不順結合に関してしっかり整理しストレート形状に再結合結合強化すれば毛髪内部の物質間引力が強くなり水分維持力が強くなります。縮毛矯正講座が言う、事実を解明することですべてが見えてきます。最新美髪矯正シルクレッチで使う材料はすべてこの結合強化を促す化学反応を誘発させるためのもので残留環境疑似作用を意識したものではありません。ここが他メーカーの疑似作用物質技術と全く違うものとなります。

最新美髪矯正ハイトーン処理

次の方は、強いクセがあるとかそういう問題ではなく美髪にしたいという方です。何をどうすべきなのか!どうしたらきしみが出ないのか!最新美髪矯正ノウハウはその良な対処をすればよいのかそんな部分を紐解いていきます。

注意点
ハイトーンである、アイロンを気を付けなければこのスペックだと軋みなどにつながってしまいます。
縮毛矯正講座・講習|ダツトリ環境で行う美髪矯正の反応条件その仕組みダメージレスを証明するメカニズム

美髪矯正後は、ただ乾かす、ノーブローでの仕上げで行うべきです。結果を一旦触っていただきご自身で乾かしただけの時この状態が続くことを理解していただいてください、乾けばらくちんスタイル!しかし、ブローしてあげれば形はつきます。スタイルを作る場合はちゃんとにブローをしてあげてください。縮毛矯正講座ではいかに美容技術者が適切に毛髪をコントロールするかが重要なのです。そのような部分をしっかり理解して毛髪を美髪に向かうよう計算していただくことを学んでください。
縮毛矯正講座・講習|ダツトリ環境で行う美髪矯正の反応条件その仕組みダメージレスを証明するメカニズム

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 縮毛矯正講座 パーマリンク