%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

縮毛矯正の失敗

縮毛矯正の失敗を食い止めるには!

縮毛矯正の失敗はどうして起こるの?

縮毛矯正の失敗が起こらない方法

縮毛矯正は、毛髪診断が重要

縮毛矯正の失敗画像

失敗が起こるのは、毛髪状態を的確に見極められないときに起こる!その毛髪がどのような環境条件を得られれば美髪になるかということを美容師が見抜きその条件を整えた技術を毛髪に出来れば当然美髪になります。エンジェルパニックではほとんどの毛髪が美髪に導かれています。それはなぜか!全ての毛髪が条件の違う毛髪です。全て毛髪の性質・環境が違う状態なのです。エンジェルパニックの技術者は、毛髪を見抜きその毛髪にあった技術を行っています。
失敗が起こらない縮毛矯正
縮毛矯正は、どんな状態の毛髪もどのレベルで毛髪強度があるのかということを分析する技術です。最低限そのような知識ノウハウがなければ成り立たない技術なのです。さらに複合的に行われているカラーやデジパーなどの複雑な化学反応が交じり合った環境を紐解く技術で、単純に解読しても、カラー剤やデジパー剤、トリートメント効果剤、アイロン等の複合ダメージこれらを統合して処理を行うことが出来なければ美髪になりません。
失敗をしてもごまかせる技術、失敗しても隠してしまう技術、ダメージが起こっても隠せる技術、全てトリートメント効果で隠してしまえばその場大丈夫ということが起こる技術は避ける出来です。後々酷いことになるのは当然です。

H029_1

 縮毛矯正の失敗は、薬品過剰・アイロン技術の失敗・○○○の悪影響からなるものですが、このほかエンジェルパニックが知っていることを公表できないので控えますが、失敗には原因があります。

 縮毛矯正で美髪を作るには、失敗の原因をなくし、美髪になる条件を整える事が重要です。酸性系縮毛矯正やアイロンの様々な条件、還元効果の高い薬品こんなものは全て条件のひとつにしか過ぎません!酸性系縮毛矯正で綺麗になったと喜ぶ美容師は、今までその状態になったことがなく、酸性系で行うことが良いにつながっているだけのことです。エンジェルパニックから見るとそのレベルなら勝てるといえるものです。美容業界本当に最高を求められる美容師が増えると最高かもしれません

失敗する縮毛矯正

 失敗する縮毛矯正は、毛髪環境の結合バランスを壊してしまう技術が多くあげられます。

酸性系縮毛矯正で失敗

 酸性系縮毛矯正での失敗は、アイロンの失敗と軟化作用のコントロールが出来ないために起こるウェーブの残りがあります。アイロンの失敗も2通り!伸びない失敗と伸ばしすぎて絶対に直らないビビリを起こしてしまう状態!この2通りありますが、伸ばしすぎてビビリを起こすのは本当に酷い状態になります。

アルカリ系縮毛矯正で失敗

 軟化状態を見あまって、過剰なんかを引き起こしビビらしてしまう状態、過剰軟化手前だけれども毛髪強度が低下した状態でアイロンの圧力でビビらしてしまう状態、アイロン圧の失敗、塗布時に起こる失敗、・・・まだまだある。
アルカリ系縮毛矯正では、かなりのリスクがあるため多くの美容師は簡単な酸性系にいきます。しかし、期待はずれということも起こっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ