%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

ストレートパーマのメリットデメリット!安心概念ストパー効果

ストレートパーマ安心効果

ストレートパーマ安心効果は、技術、毛髪と薬品の化学反応をよく理解した美容師ならば確実な処理をしてくれます。美容師の仕事は、メーカーから出されている薬品を使いある程度の技術力だけで、塗ったり、洗ったりをするだけが実際は、求められる部分なのですが、実は、薬品と毛髪の反応は、かなり複雑な関係を持ち、複数の施術を行ってきた毛髪環境状況ではかなり難しくなります。

ストレートパーマは、アイロンを使わない!という安心感からか消費者は、ストレートパーマに可能性を見ていますが、単純にリスクが低い技術ということだけで、ストパーだから成功するというわけではないのです。

ストレートパーマで安心効果、成功を求めるならば、確実に上手い美容師を選ぶことが重要です。ここではそんな美容師たちの特徴を話していきます。

ストレートパーマの定義

ストレートパーマの定義として、皆様に理解されていることは、アイロンを使わない!このようなことが暗黙の了解の中で理解されている事かと思います。
ここでは、効果的な定義とどのような毛髪にならできるのかということを考えていきましょう!

ストレートパーマは、ウェーブパーマと違いロットをまきません!縮毛矯正と違いアイロンを使いません!以前のストレートパーマは、板状のパネルを何枚も頭に張り付け行っていました!現在では、その行為で毛髪が切れおちた事件が多発したため使用が禁止されています。(パネルと毛髪の間に薬品がついたため)技術をしっかりしているサロンではおこらないことです。さてここで言いたいのは、毛髪を曲げるには、ロットという器具を使います。縮毛矯正の時にはアイロンを使います。髪に形を付けることに関しては、道具で髪にストレート形状を付けるということをしなければならない!ここがポイントです。さて、ストレートパーマでは、この部分を薬品を強く使用し自然な放置で伸ばすタイプとドライヤーで伸ばすタイプとがあります。

ストレートパーマで薬品を強く使った場合その幹和根が上手い美容師でなければ成功しない!
ドラーヤーを使うタイプの場合は、ブラシの使い方と薬品の使い方がうまくなければ成功しない!

ストレートパーマはどんな毛髪に合うのか?

  • ストパーは、癖が強くない毛髪に合います。
  • 髪が頑丈ではない毛髪に合います。
  • 髪が太くない毛髪に合います。

ストレートパーマの安心メリット

ストレートパーマというのは、主に、アイロンを使わないストレート技術という理解が世の中ではあります。このメリットで勘違いが起きているのが実情です。アイロンを使わないから安心?こんなことはありません!技術を行う場合必ず薬品を使うので、その薬品に毛髪が合わなければ確実に毛髪はダメージが出てさらには、元には戻らない状態に破壊されてしまいます。

ストレートパーマのメリットは、作業工程が楽なので安いメニューが多いこと!時間が早いこと、癖が残っても仕方ないと考えられることこのようなことがメリットとしていえることです。

ストレートパーマのデメリット

デメリットは、ダメな技術結果が全てです。そして癖が残りすぎることと、癖が残った挙句乾燥が始まると確実にバサバサが待っているのがストレートパーマの結末です。

ストレートパーマを深く理解した美容師

すべての技術は、理解が深いと確実な成果を出してくれます。上手いということは常に毛髪の現象を解っていることです。上手いということは、先に何が起きるかが読めていて、美髪に導くための工程・条件を把握している技術者でしかその結果を出すことができません。なぜできないを知ることが重要で、そんなことを常に勉強し技術を行っているサロンが下の入口からわかります。

ストパーと縮毛矯正の使い分け

よくストパーはかからないとか、弱いとか聞きますが、根本的に、リスクが少なく、行う技術量も少ないため料金が安いということが言える技術なので、各サロンでは、薬品を変え、その行うべき価値観を制御しているのがストパー技術です。特に薬品で毛髪に影響を与え、2液で固定するだけの技術ですが、この酸化方法を変えることにより、ブローによる酸化が可能であったり、アイロン技術を簡単な技術に変えることにより時間短縮を行い、結果に導くなど、お客様にあった料金設定の技術も可能となってきております。ぜひ、エンパニ技術者にご相談ください。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ