sparky

縮毛矯正の失敗の原因・解決法 誤魔化さない上手い縮毛矯正

縮毛矯正の失敗の原因・解決策 誤魔化さない上手い縮毛矯正

失敗しない上手い縮毛矯正やストレート技術を探すには、何しろ上手い美容師を探すしかありません!薬品を扱う技術は、すべて科学反応を攻略した美容師しか、上手く綺麗なものを作れるわけがないのです。化学反応を見誤り失敗すれば当然ひどいことになります。縮毛矯正技術で失敗しないことを考えるなら化学反応を攻略した美容師を探すことです。縮毛矯正やストパー、パーマでもデジパーでも、全て化学反応です。本当に毛髪に薬品の加えて化学的な内容をしっかり押さえている美容師でしか縮毛矯正で美髪は作れないのです。縮毛矯正で失敗しない法則、解決策は、上手い美容師を探すことです。

縮毛矯正の失敗の無い美容師

縮毛矯正の失敗は絶対起こすべきではない!
縮毛矯正を最高レベルまで攻略した美容師たち

縮毛矯正の失敗のない美容師は、薬品と毛髪の化学反応を理解してすべてを動かしています。メーカーから薬品の使い方の説明を受けて、感覚だけで判断しているのではなく、塩結合の電離を見極めて、還元酸化反応の還元がどの程度進んでいるかを時間的に計測して、最高の状態でアイロンをかけるところに合わせています。

縮毛矯正の失敗はすべて美容師次第、本物の美容師を確実に紹介していきます。

失敗の原因

 縮毛矯正の失敗は、本当に起こすべきではありません。その原因をしっかり追及すれば、美容師はもっと良い仕事ができるようになります。失敗の原因は、薬が悪いのでしょうか?何か保護材がいるのでしょうか?濃厚な成分で毛髪を固定しなければならないのでしょうか?アイロンは単純にかければよいのでしょうか?何が失敗の原因かと思いますか?

  •  縮毛矯正剤は、何も悪くはありません。失敗しない良いものもないといってもよいでしょう。なぜなら、毛髪に適合する薬品の条件を美容師が選ぶことが重要なのです。ここをミスすることが、失敗の原因です。
  •  保護材、トリートメント剤は毛髪を修復するのか?エンパニではそのようなものは使わないでしっかり美髪になります。ということは、使わなくてよいということなのですが、多くの美容師は、このようなものが必要と考えています。それを使うことで薬品の反応がしっかり見抜けなくなり、多くの美容師が、縮毛矯正の化学反応が見えなくなっています。失敗の原因になります。
  • 縮毛矯正におけるアイロンは、かなり重要です。最終的にこのアイロン操作で毛髪をダメにしてしまうことが多いのです。逆に、滑るアイロン技術を行う美容師や、アイロンを使わない技術を行う美容師は、薬品が強くなり毛髪への負担が過剰に起こっているという部分がダメージ、失敗の原因ということが言えます。縮毛矯正が上手くなるには、美容師の努力しかありません。
縮毛矯正は、すでに完璧まで進化

失敗例

失敗?縮毛矯正で起こる失敗!解決の可能性!を探る
こんな状態絶対に嫌だ!
 縮毛矯正の失敗は、当日、多少収まっていますが・・

縮毛矯正

 縮毛矯正でこのような状態は、皆様の髪の状態が悪くて、
損傷状態になったのではありません!

カラーをしているから・・・・・
ダメージに、なってしまったのでもありません!

技術で、こうなる処理を

してしまった事が原因です。

エンパニは、このようなことが起きないための
条件を知り使いこなす技術です。

失敗の解決法

他者が壊したものを直す美容師がいるのか?それとも壊さない、失敗しないための解決策はあるのかという部分なのですが、まず失敗をしないために、美容師がどうすればよいか、逆に、一般の方がどう対処すればよいのかという部分でしょう。

  • 失敗しないための解決策、美容師は、毛髪がどのような性質なのか、その毛髪をどのように化学反応を起こせば美しい美髪になるかがわかる勉強をするしかありません。勉強することは、毛髪の種類を確実に分析できる能力をつけることです。エンパニ技術者たちはほぼ読み取れます。そのためのデーターがあるので勉強しに来てください。次に、その毛髪に合った薬品をチョイスし化学反応の順序やその環境条件を設定することです。
  • 他の美容師が壊した、失敗した縮毛矯正毛を直すことができるのかという部分なのですが、ダメージの度合いでは、見た目がだめでも修復できるものもあります。出来ると自信がある美容師は、必ず一部の毛髪で検証、問診してから行うとよいです。更にダメにしてからでは、取り返しがつきません!トラブルのもとになるでしょう。

失敗を避ける

失敗を避ける事、皆様に行っておきますが、縮毛矯正という技術は、丁寧な仕事をしていなければ結果にはつながらないのです。柔らかく美髪にするには、やるべきことや丁寧なアイロン技術が必要です。そのため時間がかかります。よって美容師は一日の大半1人のお客様にかかわることになります。よって、美容師は、サロン運営を行うために高額をお客様から頂かなければならないのです。さらに良い物であれば、長期間持ちます。なので、安売りサロンで行えるものではないのです。安売りサロンでは、確実に作業が雑であり工程も雑、綺麗なストレートをするための技術ではなく、縮毛矯正の作業をするだけです。失敗を避けるなら、安売りに行かないことです。

縮毛矯正を本当に理解すれば失敗は起こらない

縮毛矯正を本当に理解すれば失敗は起こることはありません。上手ければ起こらない!薬品のせいではない!上手い美容師は、その毛髪の出来上がりをしっかり想定できるからです。エンパニの技術者はほとんどのものを直してしまいますが、直らないごく一部の過剰ダメージに関して、直らないものは直らないと初めから言います。どうなるかが問題で、綺麗になると言いつつ綺麗にならないから失敗になるのです。それは嘘なのです。美容師は、縮毛矯正においてしっかり目的を果たさなければなりません。そして、髪を綺麗にしたいその希望を叶えれば、失敗を起こすことはありません!縮毛矯正において本当に美容師が毛髪を理解すること上手くなることがすべてを解決することです。薬品を変えても無駄なのです。エンパニのように、毛髪の性質・薬品とのかかわり・化学反応・アイロンの法則を教えるメーカーに頼ることが重要です。

縮毛矯正は美容師が上手ければ失敗などは起こりません。初めにどうなるかを想定して説明してくれます。

失敗しない理解度

失敗しないための知識は、毛髪がどんな性質なのか理解しているかということが最重要です。多分、普通の美容師よりもかなりの知識をエンパニ技術者は持っています。そこが重要なのです。髪の特徴によって、薬品の成分濃度やpHの違いアイロン操作まで変わってくるのです。何がいいとかどんなかけ方がいいとかではなくどの毛髪にどう書けるかが問題なのです。

失敗のない上手い縮毛矯正

上手い縮毛矯正というレベルは、殆どの毛髪を理解しほとんどの結果を想定できるレベルです。なぜ想定できるかというとその毛髪がどのような化学反応で変化するかを知っているからです。毛髪におこす化学反応なので、変形してしまった毛髪にトリートメント効果等で疑似的にごまかすことではなく、毛髪内部の素材で結合強化をおこし美髪に導く!ここを理解していれば失敗のない縮毛矯正となります。上手い技術者は、この部分をしっかり理解しています。

縮毛矯正 誤魔化さない上手い・良い縮毛矯正

 上手い、良い縮毛矯正技術は、美容師が毛髪知識を持つことです。良い・上手いという技術者が結果を出します。技術時に、アイロンを使うとか使わないとか?アイロンが悪いとかそんなことは関係ありません!アイロンが悪いとかではなく、いかにアイロンを使いこなせるかということで、アイロンを否定する技術は、アイロンを使いこなせていないだけです。薬品のみで伸ばすタイプや、ドライヤーで飲み伸ばすタイプは、全て、薬品による刺激が強いので勧めいたしません。

縮毛矯正動画

縮毛矯正 良い・上手い縮毛矯正の特徴

 縮毛矯正(エンパニ)の技術結果は、ほとんどアイロンを使っている技術です。エンパニの技術結果は、良い状態でできていることが事実なのでアイロンは、使うことに何の障害もないということです。単純に酸化力の選択は、必要な効果をドライヤーやアイロンを選択できる能力が重要なのです。多くの場面で考えることが重要で、美容技術においてすべての技術行為に利点があり、欠点も存在します。利点というのは、その毛髪に合っていた技術であるということ!欠点というのは、その毛髪には合わない技術であるということだけです。

縮毛矯正 良い・上手い技術の理由

良い・上手い技術の理由は、美髪を美容師が作れるかという部分です。すべてそこが証明しています。全てを知らなければ美髪にはなりません、疑似的作用を扱っていて、美髪なんて言うのは、ただのごまかしでしかなく、洗っていればバサバサになってきます。柔らかさもない!美容師は、毛髪を観察して答えを出すことができれば、美髪を作り上げられます。これが上手い理由です。

縮毛矯正 良い・上手い技術の方法

良い・上手い縮毛矯正の方法は、まず、pHコントロールできる前処理剤にて処理をすることです。安定した、毛髪環境を初めに作ることで薬品の暴走を食い止めます。縮毛矯正剤は、カラー毛や既に縮毛矯正をおこなっている毛髪に対して過剰に働きます。この部分を美容師は食い止めなければなりません。

良い縮毛矯正はその日シャンプーOK

 縮毛矯正後シャンプーしないでくださいという技術は、絶対にダメージが入り込んでいますので気をつけるべきです。
シャンプーの時期・期間は即日OK!なぜなら毛髪はすでに安定しているから!ここが重要です。基本的に技術が終了してしまえば毛髪はその姿を変えることはありません!中にはあるといっている方もいますが、根本的にダメージは技術終了時に起こってしまっています。
 上手い技術者は、即日シャンプーして良いというでしょう!失敗がないからです。

 『エンパニ』は、全ての毛髪の特性に必要な技術を全ての毛髪に合う理論で解決しております。技術力で良い状態をコントロールする美容師集団です。不必要な工程をはぶき、必要な作業でさらに、全て適切な技術を選ぶ能力によって、結果を導き出しております。興味あるオーナーはぜひ本技術に接触してください。今後順序良くすべてのノウハウを伝授いたします。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい方は、下から入れます。
使えば納得!プレローションP7

よい縮毛矯正は、失敗無く美しい
縮毛矯正

 矯正縮毛では、薬品がどうのこうのではなく、美容業界の基本的な表現自体が美容師を正確な技術から遠ざけてしまっています。

縮毛矯正の失敗とは

 失敗とは、思っている結果にならなかったこと!これが現実ですね。美容師は、最終的な仕上げでブローなどで仕上げてしまうためその毛髪が美しくなくてもサロンから出るときは、良い状態に仕上げてしまいます。皆様は、家でアラルと縮毛矯正が取れてしまったと錯覚しますがそうではありません。すでに、美容院でその状態になっているという事は事実です。

 縮毛矯正の失敗に関して、大きな原因は、3つ挙げられます。

  • 縮毛矯正の失敗は毛髪診断にあり
  •  失敗の原因は、はじめの毛髪診断にあり!美容師は、国家試験を通ったものを美容師としていますが、基本的に縮毛矯正の勉強や毛髪診断の内容など国家試験にはないものです。でも、縮毛矯正は、毛髪にかなりのストレスを与えストレート形状に変化させる技術で、本当に毛髪の特徴を知ることが重要なのです。本当に重要なのにその性質をしっかり教えてくれる機関はほとんどありません

  • 縮毛矯正の失敗は薬品のコントロールにあり
  •  縮毛矯正時に毛髪診断ができていない、毛髪の性質を分かっていないと薬剤の塗布の仕方化学反応のおこしかたすらわかりません、ただつけて時間を待つ!そんな美容師に縮毛矯正はできるわけないのです。微妙な反応のコントロール、同じ薬品でも分量によって反応が変わってきます。本当に繊細になれる美容師が最高の技術を提供できるのです。

  • 縮毛矯正の失敗はアイロンにあり
  •  縮毛矯正時のアイロンは、薬剤時の化学反応が正しくなければなりません。そうでない限り、正しいアイロンにはたどり着かないのです。軟化のコントロール、還元の意味最低限この部分を知らない美容師は、縮毛矯正でよい結果を出すことは不可能でしょう。

縮毛矯正で失敗がなければここまで持つ

縮毛矯正

失敗のない技術力!縮毛矯正の失敗は、長時間皆様を苦しめることになるので本当の技術をお選びください。縮毛矯正では、確実に安定させなければ毛髪を美髪に導くことは出来ません!本当の意味でその重要な環境状態を作り上げなければ、美髪にならないのです。

 縮毛矯正で失敗・判断ミスが起きなければ美髪を継続できることは、言うまでもありません!美容師に十分な知識とテクニックがあれば失敗になることはありません!

なぜ?縮毛矯正で失敗するの?

縮毛矯正失敗ダメージ修正の一例

 縮毛矯正失敗は、なぜ起きるのでしょう?
高い値段がついている以上して失敗してはいけないものです。安ければいいかということではありませんが、品質的に、安売りをしている美容院で、値段が安い技術は、品質が悪いから安いということは間違いない!事実です。だから値段が安い美容院の結果は、失敗ではなくそれが品質です。そのレベルということです。

矯正縮毛は、知識・美容師が集中する技術であり、丁寧なアイロンがそのストレート状態の毛髪を決める最大の形状維持工程です。時間がかかるのは当然!全ての薬品等の効果が全てこのアイロンの結果で決まるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ