縮毛矯正の失敗がない上手い美容師選び

縮毛矯正の失敗・上手い縮毛矯正情報
縮毛矯正の失敗は絶対起こすべきではない!
縮毛矯正を最高レベルまで攻略した美容師たち

 縮毛矯正の失敗は、本当に起こすべきではありません。なぜこんなことが今まで起こってきているのかわかりますか?美容業界は、メーカーが技術を美容師に教えています。その技術内容は、メーカーが開発した薬品を売るための技術内容でしかありません。

縮毛矯正は、すでに完璧まで進化

 縮毛矯正で美髪を作りこむ場合、一切ミネラルやトリートメント効果剤、ごまかし成分、カチオン系などの成分を使わなくても毛髪は美髪になります。この部分をしっかり覚えておいてください。美容師もいつまでいいように使われているのかわかりませんが一度エンパニを学んでしまえば、そんなものが要らないことに本当に気づくでしょう。

縮毛矯正の失敗はすべて美容師次第、本物の美容師を確実に紹介していきます。

縮毛矯正は美容師が上手ければ失敗などは起こりません。初めにどうなるかを想定して説明してくれます。

縮毛矯正の失敗ない美容師

 縮毛矯正の失敗=綺麗なストレートにはならない!その原因は、すべて美容師の判断ミスです。

 世の中には、美髪になるとか酸性系縮毛矯正がいいとか色々言い分はあると思いますが、エンパニは、腕自慢している美容師たちが受け入れて驚く技術です。皆様にいいことばかり伝えるキャッチコピーを考えているメーカーの技術をとことんまでやっている方々がエンパニに入ると『今まで何をやっていたのだろう』と美容師が気づきます。

 岡山の適当なノウハウもM3〇もクセストも酸性薬品も何を扱っていてもエンパニの技術にたどり着くと美容師が感動します。すごく自信のある美容師がこの結果がすごいと認めてしまうレベルです。皆様にうちの技術はすごいと自慢している美容師が今まですごいと思っていた自分の技術結果を超えると認めてしまうレベルがエンパニです。

 トリートメント効果全ていりません。エンパニのローションと縮毛矯正剤と美容師の技術力だけで美髪に導きます。

 エンパニのローションは、トリートメント効果ではなく、縮毛矯正剤の化学反応を安定させるためのものです。トリートメント効果(油・タンパク質・つや出し剤)いらないのです。環境にもエコな商材なのです。

 縮毛矯正材は、GMTやシステアミンなど使わなくてよいのです。チオで十分!多くの美容師が勘違いし、メーカーにチオが悪いと刷り込まれています。

 美容師がこれらをしっかり理解すれば最高なものができます。失敗は起こりません!言っておきますが、エンパニを学んでしまえば、確実に他のノウハウなど必要なくなります。エンパニは、単純です。毛髪の軟化を考え還元を考えアイロン技術を最高レベルで行えば美髪ができるという内容です。

 エンパニを始めた他メーカーどっぷりだった美容師の素直な言葉(美容業界すべての美容師がこうなります。)

縮毛矯正の失敗の理由

 縮毛矯正の失敗の理由は、毛髪診断ができない、薬品の特性を知らない、毛髪がどのような状態で過剰反応を起こすか分かっていない、アイロンが下手、アイロンの熱量が分かっていない、アイロンの力加減が分かっていない。こんな知識や技術力が美容師にないから起こります。

  • 毛髪を見極められていない
  •  縮毛矯正を行うにあたりお客様の毛髪の性質を見極めていない美容師が多くいます。過剰なカラー毛、過剰にアイロンをかけている、ホームカラーで毛髪は薬品に長時間つけられている(ホームカラーは自分で適当に行ってしまうため)このような毛髪をしっかり見極める。アイロンをかけている方は、毛髪内部がかなりのストレスを負っていることをしっかり把握し薬品を選びアイロン技術を調節しなければなりません。

  • 薬品の特性を見極められていない
  •  美容師は何でもかんでも酸性系薬品というような考えやシステアミンがいいとかGMTがいいとか本当に知っているのか?別にチオで奇麗にかかるのはなぜか?別に薬品なんてpHさえしっかり見極められれば毛髪は奇麗になるという事を知っているのだろうか?美容師は、酸性環境でアイロンの力を強くし毛髪に物理的な作用で伸ばす方が事故がないと考えている。単純に知識がないから、すべての毛髪の諸条件を理解してないから、無難な酸性系薬品に偏ってしまう。残念なレベルです。

  • アイロンの本当の理屈を知らない
  •  アイロンで毛髪形状は決まるのに、適当にかける美容師がほとんどです。アイロンでかけた毛髪環境がそのまま固定されるのです。でもアイロンを滑らせながら適当にかける美容師の結果がいいわけありません。毛髪は、しっかり酸化固定しなければならないことを知らない美容師は結果を残せません。挙句の果てにぬれた状態からブラシでブローし始める最悪なメーカーがあります。

失敗例

失敗?縮毛矯正で起こる失敗!解決の可能性!を探る
こんな状態絶対に嫌だ!
 縮毛矯正の失敗は、当日、多少収まっていますが・・

縮毛矯正

 縮毛矯正でこのような状態は、皆様の髪の状態が悪くて、
損傷状態になったのではありません!

カラーをしているから・・・・・
ダメージに、なってしまったのでもありません!

技術で、こうなる処理を

してしまった事が原因です。

エンパニは、このようなことが起きないための
条件を知り使いこなす技術です。

縮毛矯正を本当に理解すれば失敗は起こらない

 縮毛矯正 失敗をなくす技術!それが、エンジェルパニックです。

 エンジェルパニックを名乗る美容師は、ただ薬品を手に入れた美容師ではなく、完璧なほどの判断力と知識、アイロンテクニックを身に着けた最高の技術者のみです。エンパ二という名の保証は、確実に皆様に今の毛髪状態を説明しどうなるかを想定、結果に結びつけて提供します。ひどいダメージの方にはその髪の限界をしっかりお伝えできる美容師です。奇麗なものを壊さない美容師です。たまにエンパ二の練習会と称して、エンパ二の材料を使いモデルを頼んでいる美容室がありますが、その結果はエンパ二ではありません、あくまでも、練習での未熟な結果です。そのような場合エンパ二で行ったという自覚をなさらないようお願いいたします。

 失敗・ダメージをエンパニストレート処理を行い解決に導きます。確実に美しく仕上がることが条件!お値段も様々な美容院で品質に応じて変化しますが、その品質がお値段とあっていれば価値があります。

よい縮毛矯正は、失敗無く美しい
縮毛矯正

 矯正縮毛では、薬品がどうのこうのではなく、美容業界の基本的な表現自体が美容師を正確な技術から遠ざけてしまっています。

縮毛矯正の失敗とは

 失敗とは、思っている結果にならなかったこと!これが現実ですね。美容師は、最終的な仕上げでブローなどで仕上げてしまうためその毛髪が美しくなくてもサロンから出るときは、良い状態に仕上げてしまいます。皆様は、家でアラルと縮毛矯正が取れてしまったと錯覚しますがそうではありません。すでに、美容院でその状態になっているという事は事実です。

 縮毛矯正の失敗に関して、大きな原因は、3つ挙げられます。

  • 縮毛矯正の失敗は毛髪診断にあり
  •  失敗の原因は、はじめの毛髪診断にあり!美容師は、国家試験を通ったものを美容師としていますが、基本的に縮毛矯正の勉強や毛髪診断の内容など国家試験にはないものです。でも、縮毛矯正は、毛髪にかなりのストレスを与えストレート形状に変化させる技術で、本当に毛髪の特徴を知ることが重要なのです。本当に重要なのにその性質をしっかり教えてくれる機関はほとんどありません

  • 縮毛矯正の失敗は薬品のコントロールにあり
  •  縮毛矯正時に毛髪診断ができていない、毛髪の性質を分かっていないと薬剤の塗布の仕方化学反応のおこしかたすらわかりません、ただつけて時間を待つ!そんな美容師に縮毛矯正はできるわけないのです。微妙な反応のコントロール、同じ薬品でも分量によって反応が変わってきます。本当に繊細になれる美容師が最高の技術を提供できるのです。

  • 縮毛矯正の失敗はアイロンにあり
  •  縮毛矯正時のアイロンは、薬剤時の化学反応が正しくなければなりません。そうでない限り、正しいアイロンにはたどり着かないのです。軟化のコントロール、還元の意味最低限この部分を知らない美容師は、縮毛矯正でよい結果を出すことは不可能でしょう。

縮毛矯正で失敗がなければここまで持つ

縮毛矯正

失敗のない技術力!縮毛矯正の失敗は、長時間皆様を苦しめることになるので本当の技術をお選びください。縮毛矯正では、確実に安定させなければ毛髪を美髪に導くことは出来ません!本当の意味でその重要な環境状態を作り上げなければ、美髪にならないのです。

 縮毛矯正で失敗・判断ミスが起きなければ美髪を継続できることは、言うまでもありません!美容師に十分な知識とテクニックがあれば失敗になることはありません!

最近起こっている縮毛矯正の失敗

 縮毛矯正で起こっている最近のダメージの種類は、酸性系縮毛矯正際により、安易に薬品を塗布しきつすぎるアイロンで毛髪をダメにしてしまうパターンが多く出ています。酸性系縮毛矯正剤は、使い勝手が良いという事は事実なのですが、本当に毛髪の性質を熟知していないと、驚くほど最悪な現象が起こってしまいます。

 美容師は、このようなことが起こらないようにしっかり毛髪の化学反応時の現象の意味を解読すべきです。

なぜ?縮毛矯正で失敗するの?

縮毛矯正失敗ダメージ修正の一例

 縮毛矯正失敗は、なぜ起きるのでしょう?
高い値段がついている以上して失敗してはいけないものです。安ければいいかということではありませんが、品質的に、安売りをしている美容院で、値段が安い技術は、品質が悪いから安いということは間違いない!事実です。だから値段が安い美容院の結果は、失敗ではなくそれが品質です。そのレベルということです。

矯正縮毛は、知識・美容師が集中する技術であり、丁寧なアイロンがそのストレート状態の毛髪を決める最大の形状維持工程です。時間がかかるのは当然!全ての薬品等の効果が全てこのアイロンの結果で決まるのです。

縮毛矯正で失敗の理由は?

 縮毛矯正で、なぜ?失敗したの・・・上の動画は、ブリーチ毛に行った縮毛矯正で、爆発した後、泣く泣く髪を切ってしまい当店にお越しになったお客様です。このようになったのではなく!なるのです!この様になる薬品を選んでやるほうがおかしいのです!美容師は、あくまでも容姿を整えることが専門の国家資格です。肌に触れることや刃物を扱うことなどがあるため、十分な衛生法規などを学び基本的な技術を習得し社会で美容師として開業します。美容師は、薬品やその他の科学的条件を科学者なみに学んできたわけではありません!もっともっと勉強しなければこの様な判断になってしまいます。昔と違い、バサバサは、今は嫌がられる現象です!現代では、美容師は、ならないために!という部分が求められているので努力するしかありません。

縮毛矯正失敗の原因

 失敗の原因は、すべて始めの判断ミスです。できるものできないものを初めに伝えていればその結果を出すだけです。良い悪いというのは、失敗の判断にはなりませ!有限実行!悪くなりますよと伝えていれば失敗ではないのです。その想定判断は、すべてを知っているものでしか伝えることはできません。自分の腕を知らないで、ツヤツヤになるといっている初めの言い分と、術後違う内容の結果が出れば誰もが怒ります。

 縮毛矯正の失敗は、自分の能力から生まれるもの!

 上手い技術者は、全ての毛髪の判断が出来るため正しいメニューを皆様が日ごろ困らないように提案してくれる技術者が良い・上手い技術者です。

 良い・上手いことが想定できる技術者の技術レベルは当然困難な条件化の毛髪でも、最高の美髪ヘアを作ることが出来る技術レベルであるということです。
縮毛矯正動画
これらの現実は、サロンで当たり前のように起きている現象です。

良い縮毛矯正
縮毛矯正
ツヤ技術は
進化しています
全て技術者次第
髪型豊富
縮毛矯正
特殊技術で
毛髪内部情報を
ツヤ情報に変化
滑かストレート
縮毛矯正
シナヤカ効果
上品イメージ
上質な最高品質
キラ髪美髪
縮毛矯正
効果が持続!
美髪バツグン
半永久継続

縮毛矯正 ダメージ原因

 縮毛矯正のダメージは、アイロン等の技術が安定していない状態で、薬剤設定をすることにより、時間等の配分にずれが出て最終的にアイロンテクニックの不十分さによって毛髪は不安定なまま化学反応を終え矯正されます。

よい縮毛矯正状態を作るには

 よい縮毛矯正状態を作るには、全ての判断を的確に行なえるように、毛髪の全ての環境を読み取ることが重要となります。その読み取った情報をもとに的確な技術を組み立てることがよい縮毛矯正を作り上げるのには必要なことです。

縮毛矯正とシャンプー

シャンプー剤は、皆様が髪を洗うとき必ず使いますよね!縮毛矯正を行った後、本日はシャンプー禁止というサロンが多いと思います。

 シャンプーは、なぜいけないか?

 簡単に言うと、サロン技術で内部環境が不完全なためその日のうちに洗うことは、品質を損ねる恐れがあるためです。詳しくは、『縮毛矯正とシャンプー』で説明しています。こちらで、情報を確認してください。

縮毛矯正・矯正の頻度・時期・期間
縮毛矯正

 縮毛矯正で、失敗が無ければこのように長期持続が可能となります。根元のクセが見えますよね!前回からだいぶたっています、これば実力です。

縮毛矯正は持続力がある
縮毛矯正

縮毛矯正ごは、常に乾かせば綺麗を実現!根元のクセが気になるだけで、後は、ロングな状態を維持しています。

縮毛矯正は何がいいの?

 縮毛矯正は、良い技術、悪い技術、上手い下手!すべて美容師の知識でその品質が変わり、知っていれば髪の毛に酷いダメージを作ることはありません!矯正縮毛薬品の品質で変わることはありません!ここに出てきている写真は、様々なメーカーの薬品を使い、すべてを知っている人間が作ったものばかり!できる事実は、知るべきことがあることを証明しています。良い結果は、正しい法則を理解したものだけが作り上げられる最高の結果です。

 縮毛矯正技術で高品質を作り上げるエンパニでは、技術の本質を紐解き毛髪を技術者が理解することで最高の技術力を身に着けています。一番の特徴は、当日シャンプーで洗っても何の影響もない、安心して長期持続ができる技術なのです。
毛髪に合わせる美容師の技術力が必要であり、世の中に存在する、エアストレート・エアーアイロン・酸性縮毛矯正・アルカリ矯正縮毛・高還元など様々な理論は、全て適材適所で有効な技術かと思います。

 縮毛矯正は、技術を深めれば、毛髪の本当の反応を見極めれば最高なヘアスタイル(髪型)を実現できます。

岡山縮毛矯正失敗の追及

 岡山で縮毛矯正を確実に仕上げたい、失敗など起こしたくないという美容師がいましたら是非エンパニまでご連絡ください。この場合ドエスがらみの美容師は一切お断りいたします。その他の方々、口の悪いこのドエスという方に嫌気のさしている方は大歓迎です。

 中途半端なノウハウではなく確実に美髪になるノウハウを提供しているので是非試してみてください。今回は、岡山県岡山市に関しては、少々力を入れていきます。岡山の実力を最大限にあげていきますので是非参加してみてください。

良い縮毛矯正上手い技術のポイント

 良い縮毛矯正技術は、美容師が毛髪知識を持つことです。良い・上手いという技術者が結果を出します。技術時に、アイロンを使うとか使わないとか?アイロンが悪いとかそんなことは関係ありません!アイロンが悪いとかではなく、いかにアイロンを使いこなせるかということで、アイロンを否定する技術は、アイロンを使いこなせていないだけです。

 失敗するのも技術力がない、だから薬品の調節も定まらない!薬品がいいとかトリートメント剤はほしいとかおもう美容師は、基本的に毛髪の性質すら知らないので毛髪をコントロールできるわけはありません!

良い縮毛矯正の特徴・理由・方法

 縮毛矯正(エンパニ)の技術結果は、ほとんどアイロンを使っている技術です。エンパニの技術結果は、良い状態でできていることが事実なのでアイロンは、使うことに何の障害もないということです。単純に酸化力の選択は、必要な効果をドライヤーやアイロンを選択できる能力が重要なのです。多くの場面で考えることが重要で、美容技術においてすべての技術行為に利点があり、欠点も存在します。利点というのは、その毛髪に合っていた技術であるということ!欠点というのは、その毛髪には合わない技術であるということだけです。

良い縮毛矯正はその日シャンプーOK

 縮毛矯正後シャンプーしないでくださいという技術は、絶対にダメージが入り込んでいますので気をつけるべきです。
シャンプーの時期・期間は即日OK!なぜなら毛髪はすでに安定しているから!ここが重要です。基本的に技術が終了してしまえば毛髪はその姿を変えることはありません!中にはあるといっている方もいますが、根本的にダメージは技術終了時に起こってしまっています。
 上手い技術者は、即日シャンプーして良いというでしょう!失敗がないからです。

 『エンパニ』は、全ての毛髪の特性に必要な技術を全ての毛髪に合う理論で解決しております。技術力で良い状態をコントロールする美容師集団です。不必要な工程をはぶき、必要な作業でさらに、全て適切な技術を選ぶ能力によって、結果を導き出しております。興味あるオーナーはぜひ本技術に接触してください。今後順序良くすべてのノウハウを伝授いたします。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい方は、下から入れます。
使えば納得!プレローションP7

縮毛矯正 値段

 縮毛矯正値段設定等は、地方では2万円ぐらいから設定されています。都内では、人件費や家賃等が考慮された値段となっていますのでご了承ください。

 縮毛矯正の値段は、一日に美容師ができる人数が2人ぐらいなため高料金となってしまします。良いものを作る環境なのでご了承ください。安売り店のように短時間で行うとこれだけの品質は提供できません!品質を維持するためにこのような値段設定になります。

 縮毛矯正技術は、作業時間が多くさらに日ごろの勉強がハードなため価値を付けています。値段が高い分エンジェルパニックは、かなり美髪のまま持つので普通のダメージありありの安い矯正縮毛をかけるより安いと考えて頂ければ助かります。

縮毛矯正の特徴

 縮毛矯正という技術は、縮毛を伸ばすという技術であって、ストレートパーマではありません!優しい癖をのばす技術ではなく強い癖をのばす技術であることは間違えありません!酸性縮毛矯正なる技術がありますが、意外に優しい癖をのばすことが、能力であることを知っておいてください。その技術は優れているのではなく、優しい癖をのばすことに集中でき、そのため優しい薬剤で技術を行うためダメージが少ないということになります。自然とか、ツンツンにならないとか・・強い癖の方には、不向きなためご注意ください。伸びると言い切れるメーカーがあれば、そこで、お願いしてください。強い癖の方でもダメージなくストレートが手に入ります。しかし・・・難しいことです。

矯正縮毛という勘違い!?

矯正縮毛で検索!縮毛矯正をたぶん勘違いしての表現化と思いますが、意外に矯正をそういう言葉で検索されている方も多いようです!

矯正縮毛は、一概に間違えではないので、いいのではないでしょうか!

サブコンテンツ

このページの先頭へ