%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

船橋 縮毛矯正で高品質な技術を厳選!おすすめ美容院

船橋の縮毛矯正で高品質な技術

 縮毛矯正のこんな問題を解決!

船橋市、船橋 縮毛矯正のおすすめ情報美容院はどこ?

縮毛矯正上手いのは、何で判別する?

縮毛矯正の本当にうまい店は、何で、判別すべきなのでしょう?こんな質問が、現状態では、かなり多く、多くの方が、悩んでいるようです。では、こんな内容をご用意致しました。

縮毛矯正の種類、技術法
縮毛矯正の持続性!
縮毛矯正のダメージ・ストレスフリー
縮毛矯正の値段

縮毛矯正技術で、こんな所から、探って行きましょう。

縮毛矯正の種類、技術法

ダメージ(強!)
縮毛矯正加水分解・熱変性法
この縮毛矯正は、ごく一般的な昔からの初期理論に基づく縮毛矯正です。化学反応的な説明は、加水分解という分解作用を主に用いて、毛髪にダメージをおこし、強度を奪い、クタクタにして、人工成分補強剤等で、毛髪内部を固める内容です。当然意図的に分解作用を発生させるのですから、ダメージ有りきの方法となります。この技術の場合、特に、1度のダメージが非常に大きいため、2度めの重なりは、強ダメージに繋がることが多く、人工修復材で、補強しても、上手い技術者でも2度、薬剤が入り込むことは、危険な状態を産みます。

縮毛矯正にこだわる多くの技術者は、根本処理を徹底し、この1度でさえ、危険なのですが、この方法で、こだわり腕を上げる方法をとっています。
また強度な濃密成分により、髪を固め、擬似的作用により仕上げます。この特徴は、大怪我をした方が、全身包帯巻きみたいな状態で、なかは、傷だらけです。人ならば回復しますが、髪は、自然治癒は起こりません。中がボロボロなため、デジパーやパーマはかかりません、還元作用加効く成分(毛髪構造を変える成分)自体が、変化・消滅しているため、かかることがありません。

カラーなども、毛髪強度がないため、行えば分解作用が進行するためいずれ、ダメージの乾燥が始まるのが、当然という内容です。近年、薬品が効く部分をより強化し、浸透力を追求した薬剤がございますが、その損傷を回復させるものではないので、1回効くかな?という感じで、捉えたほうが良いかと思います。

縮毛矯正、オススメの条件は

《オススメアドバイス、ポイント》
この縮毛矯正のオススメは、根本処理をっ徹底した、技術者に頼むことです。また毛先に関しては、補強処理を行なってくれる所が最適化と思います。

縮毛矯正ダメージ(中!)
縮毛矯正、酸性系縮毛矯正技術、ノーアイロン技術、水の技術

酸性系縮毛矯正技術

最近、うちの矯正は、酸性の矯正剤なので、ほとんど傷みませんという宣伝が多くなりました。以前は、上記の縮毛矯正が、支流だったため、多くのサロンでは、あまりにも事故が多いためこの酸性系縮毛矯正剤を取り入れることが多く、伸びるより、安全をとっています。

利点は、さすがに酸性なので、痛みの発生率が少ないことです。そして毛髪知識の低い美容師にとっては、塗ることが安全なので、あまりプレッシャーも感じず、ストレスにもならないようです。しかし、強度なくせに関しては伸びません!縮毛矯正と言いながら、縮毛には、少々苦手な部分があるようです。弱い癖の方に対して有効で、ストレート技術として捉えたほうがより効率化と思います。また酸性系の薬剤対処なため、毛髪には、キシミが、出やすいです。これは、専門的にいうと、アルカリ等で、塩結合をほぐしていないため、毛髪内部には、強引な処理が残り、濡れる、乾くが起こると、髪に負担がかかる結合に成っています。この状態の普段のケアーは、トリートメント剤が、有効ですが、逆に言うと、使わなければ絡みやすい技術です。

最後に、一番事故の多いケースは、酸性系薬剤に過信して、従来縮毛矯正を行なっている毛髪につけた場合です。これは元々のダメージがあるため、とんでもないことがおこります。このHPの相談者は、酸性系と言われ大丈夫と言われ、行ったら、ひどい目にあったという内容が本当におおいので、お気を付け下さい。

酸性系縮毛矯正、オススメの条件は

《オススメアドバイス、ポイント》
この縮毛矯正のオススメは、ゆるい癖や、弱い髪に有効完全ではないが、ゆるい癖の方が、上の縮毛矯正を行うよりは、こちらを選択したほうが有効。

ノーアイロン縮毛矯正技術

縮毛矯正技術において、根本的なダメージの原因をアイロンの滅処理が悪!と考えるため、出てきた技術法ですが、実際は、毛髪処理法に原因が有り、アイロンは、関係ない!という考えになれなかった方が考案した内容です。アイロンを使えないということで、ドライヤーもしくは、2液酸化の方向で、薬剤設定が行われております。ダメージが気になる場合、カラー等で極度な反応が起きる場合アイロン処理を行えない場合などに
一般的には有効です。ただ言えることは、アイロンを使わないことが、結果につながるという真実でないため、まだ不安定な結果が出ています。艶感や毛先の乱れが気になる内容なので、多少最後ブローが必要な感じと考えて下さい。この場合、非常に、濃厚なトリートメント剤を使用するようなことがあれば、勧められるならば、仕上がりは、ダメージ強と判別したほうが良いです。

これも、技術者の判断次第で、ダメージが変わるので、だからいいという考えはありません。道具が違うから綺麗になるとか、薬品が違うから綺麗になるとか、全て美容師の能力次第です。

水の縮毛矯正技術

縮毛矯正技術において、水を中心に考える技術がございます。この考えは、様々な、用途を持ちますが、まだ定まっていないようです。ただ言えることは、必ず水は必要と考えたほうが良いのは確かです。シャンプーするときも、流す、洗う時も、水は重要です。ただ本当に安定していません、水がいいということを宣伝するメーカー、馬鹿げたことに薬品を無害にするといって回っている方もいます。

無害!毒性!薄めれば、薄くなることや、薄めることである薬品は、その影響を減少させるものや様々、でも、これに関しては、特定の水が薬品を無害にするという性質を持つというものです・・・で!それは証明できていない、ここで神が、関わってくるそうです???ちょっとこの考えは、受け入れられません(個人として)さて、ナノ的宣伝をする水の機械?水分子は、最後ただのH2Oですが、この分子切れますか?水は水分子の大きさが限界なので、水蒸気(熱エネルギーを持つ)状態での大きさは普通でしょう。さて、分子が単体ということは、反発力が強いことになりますが、どうでしょうか、小さいから入りやすいというのは、間違っています。例えば水分子は、単体でエネルギーを持つと、毛髪から、抜けていきます。日頃の、日光のエネルギーを浴びることにより、毛髪が乾燥する現象も一緒です。だから、吸収力等を売りにする内容では、少々弱いような気もします。酸とアルカリに分けた水処理!機械これに関しては、薬剤のストレス軽減に役立つものであると思います。ある意味、PH処理後は、乾燥させることにより、PHの安定が起こることから
残留は、きにしなくて良いようです。また、アルカリ影響や酸の影響に関して、薬品の可膨潤に関し、調節が聞きます。薬品促進にも、確実に影響させられるものです。ただ、毛髪知識と、科学的知識を持たなければ、少々危険度も有り!これは、なんでも言えますが、価値あるものを、努力しない人間が使用することにより、その物が悪くなります。ものは利用活用する美容師が優秀であれば、能力を発揮します。薬にも、毒にもなる!これが美容業界の薬品であることもご承知下さい。

処方を間違えるお医者には、かかりませんよね!手術の下手な医者にもかかりませんよね!美容師も同じです。縮毛矯正がいいという漠然的評価は、全て美容師次第です。ここを抑え、サロンを探して下さい。何を使っても、薬剤知識が、できていなければ、全てでダメージが出ます。優秀な美容師が使えば全て結果が出ます。良質な結果が、出ない商品はありません!
ダメージ(極小!)
ダメージ最小!縮毛矯正
このダメージ極小を実現するためのノウハウは、

  • 1、真実の毛髪理論を知ること
  • 2、薬剤の反応の癖を、様々な毛髪で起こった現象を記憶すること
  • 3、その知識、経験から使いやすい薬品を選ぶこと
  • 4、毛髪に合わせ瞬時の技術変更ができる知識を持つこと

お医者様の手術と同じです。瞬時に、トラブルが発生すれば、その問題を解決できる判断力が決め手です。
多くの失敗技術例では、この現象を見過ごし、そのまま処理した場合、過剰なダメージがでます、これを放置できてしまうから失敗につながります。

アイロンで駄目になるのではなく、アイロン前の処理時に、既に仕込まれた状態なのです。だからそのような処理にならなければ、アイロンは最高の酸化力を毛髪に与えることができます。ダメージ最小の技術とかマニュアル等は存在しません。常に毛髪に対し、法則で、変化に対応できる美容師がダメージ最小の現象を導き出す事ができます。

縮毛矯正の持続性

縮毛矯正の持続性は、ダメージ次第!
ほんHPでご紹介させて頂いております縮毛矯正の持続性がなぜあのような持続性を見せているのかご説明いたします。

従来法の縮毛矯正法は、全て、分解作用が関係してきます。これは、酸性縮毛矯正法は、分解作用を起こさない方法ですが、ここは起こさなければ、ある程度のクセが伸びないため技術者が冒険してしまう時があります。その作業でやはり分解作用が発生してしまっているので、クセを伸ばす行為では、
分解作用がついて回ります。

縮毛矯正縮毛矯正縮毛矯正

縮毛矯正で、数ヶ月後!こんな状態ではないでしょうか?

これはダメージ強の技術の場合、縮毛矯正後、アイロンで押さえていませんか?
さて、ここで分解作用が働くことにより、後の乾燥が、起こる原因ダメージをいかに誤魔化さなければならないと、いうことになるのですが、一般技術で、この部分を埋め込むのが、濃密成分!濃密成分、濃厚成分を使って、ツヤが出たかのように仕上げ(ワックス効果)補強成分で固めるため、これが、全て劣化のもとになります。

すべての処理において、中途半端な毛髪状態は、バラバラのまま、固められているため、剥がれれば、ばらばらが出てきます。だから持ちません!持続性が有る縮毛矯正は、化学反応完結型の技術です。この特徴は、縛って良い、直後洗って良いという縮毛矯正です。既にサロン時で、反応が完結しているので、そのようなアドバイスになります。そこで出来た形が化学反応で起こされた、結末的形状なので、安定であって、後の日常的ストレスに対して、かなりの強度を示してくれます。その結果、数ヶ月劣化を感じることなく、毛髪形状は維持されます。

私どもの縮毛矯正の数ヶ月です。

縮毛矯正は、根本的に、かけた部分は、何ヶ月もこの状態です。
一般縮毛矯正では、ありえない状態!ここが、全てを証明している内容なのです。

縮毛矯正縮毛矯正縮毛矯正g_015

比較対象の縮毛矯正です。どちらがいいですか?

縮毛矯正縮毛矯正

縮毛矯正技術者の違いでここまで差がでます。

縮毛矯正という同じメニューでも、ここまで人生に差の出るような結果です。比べれば歴然!皆様のサロン選びが、ほんとうに重要になってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ