縮毛矯正講座・講習|ダメージで起こる乾燥のクセ対処法

縮毛矯正講座・講習|ダメージで起こる乾燥のクセ対処法という事ですが、ダメージとは何だろう。それは、皆様が嫌がるバサバサな状態、これが、ダメージです。毛髪内部のたんぱく質の崩壊これがダメージです。縮毛矯正による方法で毛髪が限界値を迎えるとこのことが起こります。ではそこまでしなければよいだけ!正しい方法は、すでに出来上がっているので、後は、美容師が努力をするしかない!これが正しい答えです。薬品に頼ることでなく、薬品を使いこなすこと!これからそんなことを皆様に伝えていきます。現状まで素晴らしい毛髪をエンパニでは作り上げております。そのこと自体が、皆様の信頼を受ける最高の現状です。誰も否定できません、まず手前の技術は少しずつ出てきておりますが、これから一気にこのレベルを美容業界に吐き出していきますので早い者勝ちでしょう!

縮毛矯正で修復

縮毛矯正にて修復させるには、確実にこの毛髪内部の結合をつなげるという作業を考えなければなりません。化学反応を使い程よく内部結合を解除して再結合を行う、このことができなければなりません。バサバサには、ダメージで出来る乾燥による状態と、癖によるバサバサ感が本当に好ましくない状態です。

縮毛矯正講座・講習|ダメージで起こる乾燥のクセ対処法

縮毛矯正で修復≪アフター≫

綺麗ですよね!乾かしただけです。柔らかくかかっています。本当に、このレベルでない美容師が同じように私の技術もツヤツヤとか、乾かしただけとか、本当にやめてほしいですね!私が困ることより、縮毛矯正を同じお金を払いよい技術と巡り合いたい方の迷惑です。
縮毛矯正講座・講習|ダメージで起こる乾燥のクセ対処法
この状態に仕上がりました。当然乾かしただけ!他との比較対象は!確実に柔らかくしなやかで、その後のデジパーの確実にかかる!これが素晴らしい環境です。この状態を攻略していれば、もう安心です。サロンの安定のはかれ、また、他の技術効果も上がりお客様には多くの支持を受けられることは間違えありません!美容の技術はよい薬品を手に入れることと、良いノウハウを学ぶことです。私どものノウハウでは、多くの薬品を最高の状態に持ってお行くことが可能なので、最終的に競われるのは、美容師の能力ということになります。

技術・材料情報

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: ダメージ修復 パーマリンク