茂原(もばら)デジタルパーマ情報| デジパーで起こるダメージを修復

茂原(もばら)デジタルパーマ情報| デジパーで起こるダメージを修復ができるのかということですが、毛髪がダメージを受けているのは、不純結合や不結合です。今まで結合していたものが外れてしまっているのが不結合、化学反応や物理的な影響によって他のものと繋がってしまっているものが不純結合です。デジパーで起きてしまっているものを理解し繋げ直せばこんなものは解決します。何しろすべて安定とバランスをちゃんとに保つ技術を行うということが基準なのです。
茂原(もばら)デジタルパーマ情報| デジパーで起こるダメージを修復

デジパー・デジタルパーマを理解する

最高品質デジパー

まず美容業界の平均的技術レベルを分析していきます。(デジパーにて)その前に、最高に髪が綺麗になるための定義をお話いたします。『それは、髪が髪のままで、分解作用を起こさず、結合力を増している状態!です。』

さて、それらを踏まえて、従来法の分析に入りましょう。

  • ダメージを誤魔化す為に、人工タンパク質・アミノ酸・濃密成分を使用する
  • ダメージを誤魔化す為に、シリコン系成分・ポリマーなどで、コートしてしまう。
  • ダメージを誤魔化す為に、油系成分により、ゴテゴテにしてしまう。
  • ウェーブ強度を出す目的で、濃密成分を酸化固定してしまう。
  • アルカリ状態から、水分補給などの作業で、分解を起こしてしまう。
  • 温度調節でミスして、分解作用を起こしてしまう。

 これがダメージが出ないと言い張る従来法のごまかしの現状です。ダメージが出ないといってはいけません!最低限これらを使うということは、ダメージをかくしています。と言って下さい!

 多くの美容師が、このダメージ選択ができないが為に、バサバサヘアーを作り続けています。技術力・正しい知識!は、まだ美容業界には、多く存在していません!

 殆どが、過去の間違った路線に乗り続け、曲がっていってしまっています。ただそれが常識になってしまっています。過去に戻り、正しい発展をすると、全てが見えてきます。それがこの技術です。全て、カラーも矯正もパーマもデジパーも全て!が変わります。全てが、最高に変化!ミネラルを入れる機械要りません!シリコンいりません!あぶら要りません!濃密タンパク質要りません!美容師に価値を与える技術です。美容師次第で髪がよくなる技術、今までこだわってきた、人工成分(トリートメント効果・保護成分)は、不必要となります。他店よりいらしたダメージは、直せます。他店よりいらした、分解状態は、据え置きになります。その場合、擬似成分をお勧めします。本技術習得者は、分解作用を起こしていない毛髪にたいして、絶対に分解作用は起こしません。

本技術の施術例

本技術の技術的条件の説明・可能性や持続性

お客様のご要望は、生活条件によっても変わります。しかし、多くの条件に対してこの技術は、対応できます。
〇バランス・イメージ常に同じ長さをキープしたい。

1、常に綺麗なヘアースタイルを維持していたい。
2、安定したスタイルを維持するために、ダメージは出てほしくない。

〇カラーとデジパーでダメージが出るのがいやだ!
1、デジパーの時に美容師に、カラーをしているからダメージは、しょうがないと言われた。
2、その後カラーをするとデジパーが、散ってしまいスタイルにならない。
3、デジパーが、かからなくなるのがいやだ!

〇何しろかけたら長期間持続させたい、途中カットだけで、間に合えば最高!

1、ウェーブさえ長く残っていてくれれば、非常に助かる。

〇何しろ、油っぽいものをつけたくない!
1、最近髪があぶらっぽい!
2、子供にベタベタすると言われる。
3、彼に触られなくなってしまった。
4、つけている物のせいか、抜け毛が気になる。
5、シリコンなどが毛穴に詰まる事が気になる。
6、髪につけている物のせいで、顔が脂っこくなってきた。
7、高いトリートメントはいやだ!

ここまでは、従来法で起こる難点、すべて、トリートメント・言葉で誤魔化す、内容です。

解決できます。

  • 分解作用が殆ど無いため、回数行っても安定している。
  • ダメージが出る反応を排除しているため、乾燥・バサバサが起こりずらい。
  • 毛髪内部を結合固定しているため、6ヶ月ぐらい簡単に持ってしまう。
  • 毛髪構造がしっかりしていれば、あぶら不要!さらさら・柔らかウェーブを実現!



〇専門家の方々へ、この条件で、素晴らしい毛髪作れますか?

上手い縮毛矯正

茂原縮毛矯正
縮毛矯正美容室
茂原駅情報
住所:〒297-0022 千葉県茂原市町保

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: デジタルパーマ パーマリンク