縮毛矯正をハイトーン毛髪にかける

縮毛矯正をこのハイトーンの毛髪にかけていきます。基本酸性系縮毛矯正剤での処理になるかと思いますがいかがでしょうか?縮毛矯正で目標となる毛髪状態は、柔らかく、シナヤカ!そして、ツヤ髪これが条件で、美髪になります。しなやかで強くみずみずしい毛髪!これがいいのです。

ダメージ確認

縮毛矯正のダメージ状態アイフォンで撮影
縮毛矯正縮毛矯正
ハイトーンの毛髪にストレート技術を施します。完璧にこなすには、時間がかかることなので、縮毛矯正という部類の技術に行きます。癖を取る技術、ダメージを修復する技術このような内容を行う技術で、この毛髪を処理していきます。基本ダメージは、結合を正常に戻してあげれば、しっかりしますが知りたいのはその方法かと思います。しかし方法は、練習を重ねなければ確実に成果が出ない状態!このような内容をしっかり覚えておいてください。

縮毛矯正で修復後

縮毛矯正縮毛矯正
縮毛矯正後こんな感じで仕上がっておりますがいかがでしょうか?縮毛矯正でここまでの水分が維持されると毛髪内部の光が屈折して深みを増します。さらに、毛髪は、結合力がまし水分維持を行います。ダメージ毛の回復は、このような現象から引き起こされますが、まだ多くの美容師は知りません、ここで話している意味を知ったところで、技術という現実の工程を見なければ、手に入るものではありません。

技術・材料情報

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 縮毛矯正, カラー パーマリンク

コメントを残す