%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

都賀、都賀縮毛矯正、縮毛矯正、若葉区

縮毛矯正特別理論、都賀で高品質な縮毛矯正技術をご紹介。

こんな縮毛矯正!都賀にあったら最高!

縮毛矯正72、都賀で選ぶ 都賀からでも!このレベルの縮毛矯正が少し動けば手に入る

都賀からでもこのレベルの技術力を持つ美容師の情報を捉えていれば、必ず美髪に導けます。

縮毛矯正技術に関して、多くの方が求めていることは、トリートメント効果で毛髪を整えるのではなく素の髪のまま毛髪が美髪安定することです。

縮毛矯正11、若葉区都賀 この縮毛矯正!油で誤魔化す、一時的結果ではありません

縮毛矯正は、その髪そのものが美しく安定していることにより、美髪を維持することが出来ます。そのような内容を知っている美容師がこのレベルの環境にたどり着けます。

縮毛矯正38、前髪縮毛矯正の極意 縮毛矯正の結果で、あなたの人生が変化する!激変!美人髪

縮毛矯正72、都賀 これしかない!上等な縮毛矯正は、美容師の知識から生まれます。

都賀、若葉区で縮毛矯正前髪!最高品質都賀美髪縮毛矯正で解決

東金店店長のダメージ補修の結果です。かなりのダメージ補修ができていると思います。

縮毛矯正導入サロン一部紹介

縮毛矯正で、本当に信頼出来る東金のサロンをご紹介したいと思います。根本的理論を覆した縮毛矯正技術です。多くの方のトラブルを消せることと思いますので、一度お試し下さい。技術の特徴は、ダメージを隠さない縮毛矯正です。皆さん縮毛矯正をかけて、2,3週間ぐらいで乾燥が始まりませんか?その現象が、起こる訳は、技術の時に、壊された毛髪に入れ込まれた成分が抜け出し始めたからです。また薬剤等の判断ミスが原因だったり、アイロンミスが原因だったり、全て人的ミスです。この人的ミスは、知識、勉強すれば全て片付きます。一般店では、縮毛矯正技術において、ダメージ有りきの技術が支流です。この技術内容は、全て行き過ぎたダメージを、隠す薬品が用意されています。これがクセモノで、大きなダメージを隠してしまう特徴を持ちます。一般技術のツヤの宣伝は、ダメージを隠した上に起こる艶なので、当然バサバサになることは、免れないのでしす。

だから気づいて下さい、宣伝文句でツヤツヤとか、ノンダメージとか言っているけど本当は、その時極度なダメージを負わされ、また隠された状態!

だから、縮毛矯正をかけている方々は、毎日、乾燥が気にならないよう、トリートメントを行うのです。

多くのサロンでは、多くの濃密な保護剤、タンパク質、アミノ酸、ケラチンなどを使用しますが、この技術では、ダメージを隠すために、そのようなものを使用しません!

縮毛矯正時に隠す、ダメージを作らないからいらないのです。

縮毛矯正時に、隠すダメージが現れないから使用しません!毎日、乾かしただけで楽ちんだから、使用する意味がありません。ゆうならば、技術に入り、お客様の髪の素材で、究極の縮毛矯正を行なっております。だから劣化がなく、なが~く持ちます。入れてないので抜けないから、変わりません!そんな、縮毛矯正の技術取扱店をご紹介いたします。

一般縮毛矯正は、ダメージの蟻地獄

縮毛矯正後、トリートメント剤を使わないでよいように全てのことに集中し髪を仕上げることが重要です。本当に覚えておいて下さい、普通の縮毛矯正技術は、全て塗り物の艶だということです。剥がれた時のひどさは経験していますよね!だから、変えてみて下さい。

縮毛矯正のダメージ美髪縮毛矯正でトラブル解消!

縮毛矯正は、最後!乾かしただけで、見極めるべき!

都賀で縮毛矯正失敗!最悪状態!千葉美髪縮毛矯正で解決

縮毛矯正を考える!美容業界での方向性

縮毛矯正で正しい技術、これさえ皆さんが知っていれば、
失敗されることは、ありません!!

縮毛矯正の業界的常識は、こんな感じ?

  • 縮毛矯正時に起こる損傷を、シリコンやその他・油類でごまかす。
  • 時間が経つと縮毛矯正かけたところは、乾燥が始まる!
  • その効果は、数週間で、ダメージが現れ、もちが悪い!
  • 縮毛矯正を重ねた部分は、特にもちが悪い!
  • カラーなどのダメージを直接感じてしまう、受ける。
  • 美容室の縮毛矯正の宣伝は、信じられるツヤ・内容を感じない。
  • 縮毛矯正後、パーマ・ウエーブをかけられるといったのに・・・
  • 前髪など縮毛矯正をかけると、直線的になり全く可愛くない!

縮毛矯正は、技術力ですべての効果が決まる

都賀若葉区で縮毛矯正前髪!最高品質都賀美髪縮毛矯正で解決

縮毛矯正は、使うものは、最低限で決まる

縮毛矯正技術において、知識や技術力さえあれば、薬品は、毛髪にあった強さを選ぶだけ!後の、ナノだとか、ミネラルだとか、高分子、栄養物質とか、アミノ酸やタンパク質、ケラチンなど全ての保護成分は、縮毛矯正で技術者の失敗やダメージを誤魔化す、隠すための擬似的物質にしかすぎないことを伝えておきます。さてここで、ミネラル自慢やケラチンやタンパク質などをいいですよ!これで縮毛矯正がツヤツヤと説明を受けたならば、内部の髪は、ボロボロ!塗り物が光っているだけなので、逆に避けるべき言葉として、認識して下さい。技術力で成果が出せない技術者は、塗り物を多く使用します。では、塗らなくて、ミネラル使わなくて、アブラ、ケラチン使わなくて出来るの?私たちの縮毛矯正の結果は、全て使っていません!使わないで出来る証明です。技術力さえあれば必要ないということです。使うのは、使わないとダメージが出てしまう技術力!ダメージを隠したいから塗ります。ここがこの技術と一般技術との大きな違いで、ぬる必要のないツヤが毛髪にやどるので、塗ることは逆に、ダメになることにつながるので使いません!

高濃度ミネラルがいいと言われたら、ダメージ隠すゴテゴテになるということです。中身は変わっていないので、後々バサバサは又やってきます。

縮毛矯正で、人工補強物質を使う条件

縮毛矯正時に、私どもでもナノだとか、ミネラルだとか、高分子、栄養物質とか、アミノ酸やタンパク質、ケラチンなど全ての保護成分を使う場合があります。それは、もともとこれらの成分を使って縮毛矯正をしてきたダメージ強の毛髪に対して、誤魔化し技術として使用します。毛髪中身の結合が安定するわけではありません!縮毛矯正時のダメージ補修として、一時的に落ち着かせるだけの行為です。しかし、私どものダメージ補強は、ただ、塗りこむだけでなく縮毛矯正時に、内部結合強化を行い、塗りこむので、通常矯正後の毛髪でも強度が上がり、多少ストレスは、軽減できます。縮毛矯正時、人工内部物質を使う場合、本当に知識がないと、説明不足であったり、過剰な評価だったり、結果ついてこない条件だったり、もともと、その商材の効果さえわかっていなければ、使い方を間違えれば、後々の乾燥をひどくすることは間違えありません!現在業界では、炭酸水が流行っていますが、今まで進めてきた入れたものを剥ぎ取る作業に入っています???入れたものの負担は、タイムリミットが来ると、毛髪内部は、カチカチに成り入らなくなり、成分が固まり、水分が入らなくなり、カシカシに成りだからデトックス!その時点で、高温のアイロンが入っていると脂分で、天ぷら状態!これが美容業界の進めてきた、毛髪ケアーに現象です。縮毛矯正後多くの方がこんな状態です。自分の髪を守るには、このぐらいの知識を身につけて下さい!で!あれば、美髪直進最高の状態が未来に待っています。

都賀若葉区で縮毛矯正前髪!最高品質都賀美髪縮毛矯正で解決

縮毛矯正ダメージは、技術に仕込まれた常識的ダメージ

縮毛矯正従来法のダメージは、技術を行う工程で、わざとおこす常識的内容?ダメージを起こすから伸びている!伸ばすためにダメージをおこす!ダメージを、実は、わざと起こしている??ココ!ちゃんと説明しますね!従来法縮毛矯正は、ダメージがないと伸びない!ダメージがないと伸ばせない!ダメージを起こさないといけない!従来縮毛矯正法は、ダメージを起こして縮毛矯正する!だから、そのダメージが目立たないように栄養剤等の人工内部物質が必要とされています。この特長ある縮毛矯正法は、独自ミネラルとか、加水分解ケラチンとかアミノ酸とか・・・何しろ毛髪外部物質を入れ込む技術はこの内容です。最近は、薬剤的損傷を抑えるために、低刺激の薬剤『酸性系』の薬剤が出ていますが、物理的作業!アイロンの作業細かくしダメージ対策がなされていますが、この場合まだまだしなやかさが、出ないというのが現状です。又薬品の蓄積により、毛先のダメージも出てきているようです。縮毛矯正が進化しなければ、全て、ダメージ有りと考えて下さい。

縮毛矯正ダメージわざと???

都賀若葉区で縮毛矯正前髪!最高品質都賀美髪縮毛矯正で解決

従来法縮毛矯正の技術内容は、強い薬剤で、毛髪内部を溶かします。当然湯せんで、流れでてしまいます。だから人工物質を補います。ダメージは、どこで出るのでしょう?流れ出始めるたこと自体、分解作用が起こったということです。だからそのレベルの美容師は、人工物質を必要とします。人工成分で、毛髪の内部を固める作業!これが伸びる工程!だから固まるまで、結べない、結ぶとあとが付く!2,3日洗わないでと言われる理由です。
だから、従来法縮毛矯正のダメージは、常識的に起こるものと理解されています。他の縮毛矯正自慢サロンは、ここがベースで、ダメージ有りきで、競っていることが、普通です。

美容業界に測るモノサシがないレベル

新縮毛矯正技術は、美容業界自体で、測るモノサシさえないので、この件に関するコメントは、当グループ所属美容師以外は、説明も付かず、理解もないので、アドバイスも有効でないことをご理解下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ