%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

縮毛矯正 ruce?luce?光

縮毛矯正 ruce?luce?光
縮毛矯正の艶・光
縮毛矯正で大事なのは、壊さないこと

縮毛矯正を調査

縮毛矯正 ruceとは?

 縮毛矯正 ruceという意味は、ミルボンさんにあるLa luceという商品がございます。luceという意味は、光です。どうもこのluceにかけている光という意味でruceかな。

ruce光と艶

 ruce光と艶に関して、艶というものは、光あっての物です。よくフラッシュとか、光を当ててという事を非難する方がいますが、艶が出る毛髪は、その状態の環境が整っている美しい状態であって、暗闇で光ることはありません!

縮毛矯正

 縮毛矯正をかけた毛髪は、光があっても美しいリングを表す最高な状態になることはありません。ここが問題です。当然ダメージ毛も光を当てれば光ります。しかし美しいリングにはありません!ここに注目して美しい縮毛矯正を選んでください。

 美容師の中には、光を使ってごまかす美容師が多くいます。今までエンジェルパニックを広げてきましたが本当に浅はかなことです。どんなメーカーがどんなことで消費者をごまかしているか本当に悲惨です。あるメーカーは、縮毛矯正後の仕上げ、乾かすとき、乾かしただけの状態を確認するのではなくブローをします。ダメージ?仕上がりの状態?全然わからない状態となってしまっています。

艶をごまかす美容師たち

 艶をごまかす美容師は、本当に汚い営業環境にいます。エンパ二を広げて聞かれるのは、その縮毛矯正は難しいですか?時間かかるのですか?本当にすごく良いのですか?こんな質問しか返ってきません!多くの技術でだまされている美容師は本当に艶が出せる技術を知りません、正しいもの勧めても、材料屋の口車に乗り、正しいものをあきらめてしまうのです。運よく、本当にエンパ二縮毛矯正を勉強し始めている美容師は、その完璧な技術力に魅了されますが、初めても中途半端に勉強している美容師は、その本当の結果を出せず困惑します。

 縮毛矯正において艶は命、しかし、仕上げにアイロンをかけるなどの制約をして、お客様に絶対艶髪にならないことをビジネスにしているメーカーもあります。本当にどこまで心が汚いのか・・・デジパーといいながら最終的にアイロン仕上げで写真とか、縮毛矯正の仕上がり、最終的にアイロンで高温にすると艶が出ますと言ってアイロン仕上げ、本当におかしなメーカーです。

縮毛矯正は統一化できないのか?

 縮毛矯正で完璧な技術が、皆様のもとに正しく届かないのは、美容師を苦しめる適当な技術講師がいることです。本当に結果を出せない技術講師が技術を全国に広げていることが最悪です。エンパ二技術者がそれらの講師が行っている技術を見ていると、大体途中で結果が見えてきます。エンパ二技術者は、毛髪の環境を把握し薬品の化学反応を計算できるから縮毛矯正の結果が見えてしまいます。本当の技術が本当に世の中に広がることが重要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ