sparky
%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

エンパニ®は美髪縮毛矯正・美髪矯正の最高レベルの称号

エンパニ®は美髪縮毛矯正・美髪矯正の最高レベルの称号

エンパニ®は美髪縮毛矯正・美髪矯正効果を最大限コントロールできる技術者の称号です。

エンパニ美髪縮毛矯正の実力!

まず!縮毛矯正のイメージを変えていただきたい

美髪矯正や美髪縮毛矯正は、毛髪構造を整理整頓して毛髪自他の素材で毛髪を美髪に導く技術です。ローション剤は、全て、その時の化学反応を速やかに整えるための媒体として働くもので、毛髪内部に極端にこびりついて疑似作用を誘発する技術ではありません。技術力で補うことのできない初級段階では、多少の保湿剤が残ることを目的としておりますが、これらの保湿効果剤は、全て油系ではないものばかり、日常生活中の熱に悪影響を受けるものではありません。

美髪縮毛矯正は事実上手い技術

縮毛矯正は、知識・技術が正しくなければ成功しない技術!美髪縮毛矯正技術は、毛髪の化学反応を原理原則の部分で解読し、美髪になる条件で設定された技術です。例えば、縮毛矯正で、美髪にならないとい技術は、化学反応的にそうならない化学反応なのでなることはありません、たまたま丈夫な髪で結果が良かったとか、たまたま、アイロン技術がそうなったとか、単純にそれだけのことです。美髪縮毛矯正の動画は、かなり真実性のある、事実しか、映しだしておりません!動画で見せることは、極上ストレートヘアの保証です。今後、自信のあるサロンは、動画を出すことが、事実の保証となることでしょう。なかなか本当に乾かすだけを出せるサロンは少ないので、そこがポイントです。

縮毛矯正の失敗は、実は、知らないうちに起こっているです。

縮毛矯正の失敗は、知らないうちに起こっている?それはどういうことなのでしょうか?

美髪縮毛矯正では、美しい美髪状態に仕上がるので常に成功と言えます、それは、再現性ある化学反応を理解しているため、毛髪を判断し、適切な化学反応の条件を選択でき、アイロンも的確に技術を選択できているので確実に再現される化学反応を用いての技術です。しかし、一般的な縮毛矯正に関しては、殆どの技術者が何が起こっているかさえも的確に理解できていないため的確な着地点を目標にできてはいません、このアバウトな着地点が起こるのが、技術中に起こっているやばい化学反応を見過ごしている環境なのです。なぜ・・!私どもの美髪縮毛矯正エンパニでは、上手く仕上がるのか?それは、一般縮毛矯正のような、下記に記した事が起こらないからです。

単純に、ごまかし効果を使用しないため、一般縮毛矯正ような状態になることは、ありません。 当グループのエンパニ技術者から見ると、一般縮毛矯正は、失敗という失望感があり、強く落ち込むレべルなのです。

一般縮毛矯正内容は、こんな現象が起こりやすい

  • 縮毛矯正後、時間が経つと、かけたところは、乾燥が始まる!
  • その効果は、もちが悪く、数週間で、ダメージが現れる!
  • 縮毛矯正を重ねた部分は、特にもちが悪い!
  • カラーなどのダメージを直接感じてしまう、受ける。
  • 縮毛矯正時に起こるダメージを、シリコンやその他・油類でごまかす。
  • 美容室の縮毛矯正の宣伝は、結果に大きな??がつく
  • 縮毛矯正後、パーマ・ウエーブをかけられるといったのに・・・
  • 前髪など縮毛矯正をかけると、直線的になり全く可愛くない!

エンパニでは、起こらない事実です。

油・トリートメント系縮毛矯正、アブラが抜けた数週間後

縮毛矯正失敗縮毛矯正失敗縮毛矯正失敗縮毛矯正失敗縮毛矯正失敗

油・トリートメント系縮毛矯正の技術工程を行うとこうなります。こうなるのが、当然なのですが、これは、特に回数を重ねた場合にこのような状態はおこります。現在、美容業界で上手いとされる技術者(美髪縮毛矯正を扱う)は、薬剤の付け方に拘ってみたり、薬品設定、アイロン技術、実に丁寧な仕事にこだわっています。一般縮毛矯正は、テクニックを磨くことなく、ハードなトリートメント剤で処理してしまっているので、限界を感じてしまうものなのです。現在一般的に上手いとされている技術でもダメージはまだ消していないと認識下さい。

縮毛矯正の弱点!保護剤、保湿剤、トーリートメント効果!

縮毛矯正時に補われた成分、トリートメント効果剤・カチオン系。アニオン系・ミネラルの類などなどが、抜けて行き、カサカサになっていきます。前回が綺麗だったのは、トリートメント成分で、誤魔化されていただけです。見た目綺麗に見えただけで、中身はボロボロだったのです。だから、私どもは、この保護成分を使わない美髪縮毛矯正をおこないます。もう、中身がボロボロなのに、ごまかし成分を表面に塗り、綺麗に仕上がりましたという内容は認められない時代です。

次の写真は、私どものエンパニ縮毛矯正の数ヶ月です。

エンパニ縮毛矯正エンパニ縮毛矯正エンパニ縮毛矯正エンパニ縮毛矯正エンパニ縮毛矯正

縮毛矯正という同じ行為で、ここまで人生に差の出るような結果です。本当に、人生の差が出ることになます。一度失敗すれば、2年は、最悪とお考え下さい。

縮毛矯正で約束してもらわなければ、信じちゃダメ!

縮毛矯正で、こんなことを約束してもらえば、嫌な思いは避けられる!

    縮毛矯正時、ダメージのない髪に濃厚なものを付けないようお願いする。

  • 縮毛矯正は、この作業がないことで、ごまかしが効かなくなります。
    よってダメージは、一切起こせなくなります。
    縮毛矯正の綺麗な写真を宣伝に使っているなら、なることを約束をする!

  • 縮毛矯正で、条件が違いならないなら、美容師も断るべきです。
    縮毛矯正後、縛ることは、ダメでしょうか?

  • 縮毛矯正後、髪内部が不安定だから縛ることをすると跡が付きます。その時点で、中がグチュグチュと判断して下さい。中がグチュグチュだから、縛れません。
    縮毛矯正後の簡単ドライが常識

  • 縮毛矯正後は、ブラシを使わず乾かしただけが、普段の状態です。綺麗な状態に、ここで仕上がらなければ、後の乾燥はかなり出ます。
    縮毛矯正後、今日は、洗わないでと言われたら要注意!!

  • 縮毛矯正後、毛髪内部は、不安定なままで返されています。洗えない理由は、毛髪内部が完全結合できていない状況なのです。
    本当に安定させた縮毛矯正であれば、洗うことは、なんの問題もありません!

エンパニ美髪縮毛矯正効果で美髪情報を毛髪に記憶

縮毛矯正で美来効果
エンパニ美髪縮毛矯正
毎朝らくちんケアー美髪

〇美髪効果・水分維持力の性質を埋め込む縮毛矯正

この方の毛髪、縮毛矯正かける意味ないと思いませんか?縮毛矯正とは、縮毛を伸ばす技術のことです。しかし、この方!縮毛ではありません?では!なぜ?縮毛矯正かけるのでしょうか?

この技術は、縮毛矯正と言っていますが縮毛を伸ばすためだけのものではありません!髪の内部構造を変えて、美髪情報を植えこみ水分維持効果の情報も髪に与えます。

縮毛矯正技術の特性で、その効果を発揮します。この技術のことを美髪矯正と言い、縮毛ではない方が、縮毛矯正の威力の中にあるストレート形状変化とそこに、保湿効果を集中して記憶させる技術となります。技術工程で、アイロンを使う行為や薬剤使用内容などが縮毛矯正技術に類似するため一般の方にわかりやすく説明するため、縮毛矯正と明記しています。

根本的内容では、保湿矯正、美髪矯正などの名称でお知らせできる内容です。縮毛矯正技術において、このような方の毛髪を、ダメージを取り除き、変化させてしまいます。すごく綺麗だと思いませんか?残る塗り物を使用しないで、このツヤを出しています。毛髪自体にツヤ情報を記憶させる!毛髪自体を美髪に導く!決して、ミネラルや塗り物で、誤魔化す技術ではありません!縮毛矯正でダメージなく仕上がります。芸能人の方々でも、まだ毛髪内部組織が健全であれば回復可能ですが、手遅れになりつつあります。
早く出会えればと思いますが、技術者も多忙なためそこまで手を伸ばせないのが現状です。この縮毛矯正技術が普及すると多分、一般のかたのほうが、綺麗になっていることだと思います。

エンパニ美髪縮毛矯正でダメージ除去

エンパニ美髪縮毛矯正新効果発揮
エンパニ美髪縮毛矯正
できなかった領域を突破

〇この髪、縮毛矯正掛けてどう変わる?

縮毛矯正とは、クセを持つ方が自分の髪でストレートヘアを作りたい!なりたいという願いを叶える技術です。ダメージを作り、人生の足を引っ張る技術ではありません!

さて、この方、カラーのダメージが有り、少しのクセで私どものエンパニサロンに来店されました。従来法であれば、本当に縮毛矯正のリスクを背負いストレートになりたいかお聞きするところですが、私どもでは、喜んで、美髪にさせて頂きます。縮毛矯正のリスク?従来法では、縮毛矯正という技術内容は、毛髪にダメージを与え、内部組織を柔らかく、元気の無い状態に導き、人工補強剤にて固め処理することを指します。

クタクタの上から、人工補強剤にて誤魔化す技術なので時間が経てば、その誤魔化し剤が剥がれ、バサバサになります。

前回、縮毛矯正をかけた時点で、毛髪は、内部組織をギリギリまで、破壊されているので回復は不可能です。一般サロンの対処法は、全て塗り物作業なので、また人工補強剤を入れこむ事でしか対処なしです。

だから、続けてきた方は、全て、バサバサが永遠続きます。

このHPと出会ったならば、早めの行動が良いと想いますので、各エンパニサロンで、試してみて下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ