%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

クセストレート技術、今までにない最高レベル縮毛矯正

クセストレート技術、今までにない最高レベル縮毛矯正
クセスト縮毛矯正情報
最強美髪効果技術とは

クセストレート技術は、癖を伸ばすストレート技術全般を指します。一般的に美容業界では、ストレートパーマ技術をストパーと短縮したりデジタルパーマをデジパーと表現します。クセ取りストレート技術をクセストと短縮するサロンも多くあります。では、デジパーをとるパーマをとる癖毛をとるなど、クセをとるにはどんな技術が理想なのでしょうか?

クセ取りの縮毛矯正、クセ取りのストレートパーマなどに分類して考えていきましょう。

クセ取りストレートパーマの特徴

クセをとる場合、基本的にアイロンを使わず薬品の力のみで毛髪内部の物質移動はpH移行を行い毛髪形状を変形させるやり方、このような技術では、ほとんどpHの変化のみでたんぱく質の移動ができるもののみのストレート効果でしかない。毛髪内部のマトリックスをしっかり移動させるのには不向きな技術である。クセストレート技術においてアイロンを用いると縮毛矯正とストパーとの中間の効果をもたらすことができる。

クセ取り縮毛矯正の特徴

クセ取り縮毛矯正に関しては、毛髪が毛穴より製造されてきた形、既に強い結合力を持っている毛髪に関してpH移動をしさらにアイロンという熱量と引き込む力を使い毛髪形状を変化させる力がある技術、技本的にエンジェルパニックの縮毛矯正技術は、毛髪の内部状態をほぐし水分を固定(埋め込み)毛髪のs-s結合を可逆反応で納める方法をとっています。毛髪は基本的にこの法則さえ守られていればひどいダメージにはつながることはありません。縮毛矯正技術においては、ストレートパーマは柔い毛髪をこなすものですが、酸化固定力も低いためアルカリ環境を極度に使用した場合、毛髪はバサバサになるという結末になります。

クセストを理解する

クセスト(クセ取りストレート形状技術)、クセをとる美容業界の技術を指しますが、主に縮毛矯正やストレートパーマに関して、何が良いとか、薬がいいとかマニュアル化されているとかそんなうたい文句のメーカーは、基本的に一人一人の繊細な特徴が読めず一部の毛髪情報がない方々で酷い失敗をします。マニュアル化されているとしてはいけないことでも平気で出来てしまうのです!美容師は、その毛髪の細かな性質までも読み取らなければなりません!クセストに関して、技術を行う場合は美容師一人一人の判断が必要なことをしっかり覚えておいてください。

クセスト(クセを伸ばすストレート技術)

クセストとは、美容師が一般的に行うクセを伸ばすストレート技術の意味です。癖の種類において美容師は、技術を選びますが、癖の強さで薬品を選ぶ習慣は本当に低レベルな技術です。毛髪は、もっと奥深い部分を診断しなければ薬品は選べません!この部分が進化しない限りアイロンによりひどく引き延ばしたり、熱を当てすぎたりダメージをかなり残してしまうはめになります。簡単な毛髪では成功しますが、クセスト的には、しっかり毛髪を勉強しなければ成果が出ないという事は事実でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ