sparky
%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

最新縮毛矯正講座|アクア(水)系技術の材料

最新縮毛矯正講座アクア技術

最新縮毛矯正技術における注意点や理論を紐解く最新縮毛矯正講座へようこそ!エンパニ技術は、縮毛矯正をかける場合あらゆる美髪環境を示す毛髪の性質を見切り化学反応の調節でその特徴や化学反応の特性を引き出せる設定を技術に落とし込んでいます。技術者は、材料にこだわり、材料がいいという誤解をしがちですが、材料は、化学反応を誘発する材料がベストであり残留するミネラルや油などはまったく意味を成しません。ケイ素を使って場合も直接溶液を使うとpHは、強アルカリになっているので気を付けるべきなのです。最新縮毛矯正講座では、今回、様々な水系商材の嘘を紐解いていくことにします。

最新縮毛矯正技術における注意点や理論を紐解く最新縮毛矯正講座へようこそ!

最新縮毛矯正理論

最新縮毛矯正理論では、縮毛や髪を真っすぐにするストレート技術において必要とされる化学反応は最低限次のものです、pH移行による膨潤・軟化現象、還元剤による還元酸化反応、酸化に関しては、アイロンの熱による酸化固定、このアイロン時にはマトリックスの移動をおこし塩結合の固定を誘発する反応が起こる。さて、最新理論では、ほぼここまでを詳しく理解し、各毛髪の性質に照らし合わせ細かなデーターを持てば美髪になるストレート技術が完成します。

アクア(水)系縮毛矯正って有効?

水系技術って有効だと感じていますよね。ケイ素を使った物、天然水を謳っているもの、浸透がいいの?電解水とか、超なんとかとか特殊な性質を持つ水、なんだろうか?なんでもいいんじゃないですか?単純にケイ素を使った水は、pHがアルカリに偏っているため浸透膨潤は優れていますが、ダメージ毛には最悪です。最新縮毛矯正講座でこれらの内容は化学的に説明が効くので使い始めの美容師さんはしっかり理解するとよいでしょう。使うには、理解が必要です。

アクア(水)系縮毛矯正の代表はビーワンでしょう。

美容業界に水系縮毛矯正技術を広めたのは、ビーワンです。しかし、この技術は、環境浄化を訴え薬品を最低限で使うということにチャレンジしてきました。しかし、科学的分析が乏しく、エネルギーという説明、気持ちとかそのような流れに進んでいき多くの美容師さんから受け入れられなかった技術です。しかし、最新縮毛矯正講座から見ると本当に画期的な技術の進歩を作った内容かと思います。言っていることは、全ておかしな内容、でも、薬品の媒体効果を使った薬剤浸透に優れた技術です。世の中のそれらに付随した技術は全て、たまたまの内容ばかりで、本当にすべてを調節しきっているものはありません!何故かというと、液体内部のミネラルとpHの理論がぐちゃぐちゃだからです。多分、発売元は何の意図もなく発売していると思います。毛髪は、pHをコントロールし毛髪に変形を与えることが重要です。過剰なものや足りない環境が本当は明確なのです。

最新縮毛矯正講座『軟化』

軟化とは、毛髪が柔らかく変化することであって単なる現象をいいます。この軟化とは、最新縮毛矯正講座で紐解くと、s-sが切れたことでもありません。塩結合が膨潤しただけの事でもありません。ただ単に、毛髪が軟化したかどうかを見るだけのことです。良いですか!美容師は、軟化チェックと言いますが、アルカリが強すぎて毛髪が軟化しても還元が起きていなければ毛髪の形状変化は起きない事に気が付いていないのです。軟化の意味をもっと明確にして、サロン内の知識を正確にすべきなのです。

最新縮毛矯正講座『膨潤』

この膨潤という言葉なのですが、皆様はどうとらえていますか?膨潤とは、物が液体を取り込み膨らむさまをいいます。膨潤には、段階があります。電離・解離・溶化という段階です。テロテロという段階これが溶化ですね、電離は、水膨潤程度をいいます。非常に大事な反応です。最新縮毛矯正講座では、美容師が、必要もない薬品のスペックばかりを覚えて本当に結果の悪い方向へ向かっている現状を今後食い止めていきます。結構、世の中の講師連中は、ここで情報を見ています。皆様もここで学べば確実に上手くなることでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ