髪質について

髪質について

髪質によって似合う髪形があるのをご存知でしょうか。人によって髪の形状や髪質は異なります。自分の髪質を知ることで、美容室などで髪を染める場合や縮毛矯正をかける場合、スタッフに髪質のことを聞かれてもスムーズに答えることができます。自分の髪がどのような状態であるか把握しておきましょう。

【髪質 硬さ・太さ】

髪質には柔らかい・硬い毛質、細い・太い毛質などがあり、髪の毛の硬さはキューティクルの構造によって異なってきます。キューティクルの層が薄いと髪質は柔らかくなります。髪の毛の太さはコルテックスが大きく関わってきます。コルテックスの部分が少ないと髪が細くなります。髪質が硬く太い方はカラー剤やパーマ液が浸透しにくく時間がかかるのが特徴です。また髪が硬く癖毛の方に人気のあるヘアスタイルは縮毛矯正です。ストパーよりも値段は高いですがおすすめです。

【髪質 見分け方】

髪質の見分け方は、乾いているとき濡れているときの状態でその毛髪がどんな状態なのかがほぼ8割がたわかります。カラー毛での損傷やブリーチ毛での損傷パーマでの損傷・ストパーでの損傷・縮毛矯正での損傷すべて特徴があり、美容師はそれらを的確に見抜く力を身に着けることが必要です。エンジェルパニックの美容師は、確実に毛髪環境を見抜き最高の薬品設定を選びます。すべてが学べる環境です。

【髪質について】

  1. 直毛
    直毛とはその名の通り、真っ直ぐ(ストレート)な髪質です。直毛は根元から真っ直ぐ髪の毛が生えているのが特徴です。
  2. 派状毛(はじょうもう)
    日本人に最も多い髪質が派状毛です。直毛とは異なり根元の髪の毛が少し曲がって生えるため、髪の毛が緩やかにウェーブしているのが特徴です。
  3. 縮毛
    毛質が硬い方や黒人に多い髪質で、チリチリと縮れているのが特徴です。縮毛は癖毛の中でも癖が強い髪質で、癖毛を矯正(ストレート)することを縮毛矯正といいます。

このように髪質や硬さ・太さなど人によってそれぞれです。癖毛ではなく、美しいストレートな髪質に憧れる女性も多いと思います。サラサラなストレートヘアに興味のある方は縮毛矯正を試してみてはいかがでしょうか。髪質によっては縮毛矯正をしても癖が伸びない場合もありますので、正確に毛髪をに抜ける美容師に相談することが大切です。美容室を探す場合はネットで口コミやお店の評判・費用・雰囲気などで美容室を選ぶことをおすすめします。

多くの美容院ではできもしない技術力で光を強く当てフラッシュをたくなどの艶感アップの写真を使う美容師がいます。フラッシュぐらいならよいし、光を当てるのもよいかと思いますが、出来ていない髪をブローしてごまかす本当に卑劣な美容師がいるのでお気をつけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ