%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

髪をストレートにする方法提供

髪ストレート方法

髪をストレートにする方法として、ストレートパーマや縮毛矯正という技術方法があり、その技術的特長からなる様々な品質を表現した商品名が存在しています。

髪ストレート方法
ストレート技術というのは、癖を伸ばすことが目的の技術です。くせ=ボリュームこの状態は、多くの女性が、美しい美髪を手に入れたいという希望から、ボリュームをとりたいさらに、髪が太い状態に見えるゴワゴワがいやだ!など、少々の状態回復を望むのであればストレートパーマ技術が最適であるといえます。

髪をストレートにする時、癖が強く髪質も固い方がいらっしゃいますが、この様な方を伸ばすのにあたり使われる技術が縮毛矯正です。縮毛であって癖が強いとかということも縮毛矯正では行う内容なのですが、髪がしっかりとあり、太いなどという方のストレスを取り除くことができるのも縮毛矯正です。縮毛矯正とストレートパーマは、その髪質によりさらに皆様がどのぐらいを求めているかでその技術内容が変わってきます。

髪の性質

  • 髪が硬い太い→縮毛矯正が適しています。
  • 硬い細い→硬さによりけりで技術選択
  • 硬い細い癖強い→縮毛矯正が適しています。
  • 硬い細い癖弱い→硬さによりけり一度テスト必要
  • 柔らかい細い→ストレートパーマ
  • 柔らかい太い→柔らかさの性質によりけり
  • 柔らかい細い癖強い→縮毛矯正
  • 柔らかい細い癖弱い→酸化技術の選択

髪をストレートにする方法ではココに、ダメージの度合いが入ります!どれだけ情報量の多い仕事を美容師が一瞬で毛髪状況やそのトラブルの度合いを見抜くことが重要になり、自分が行った薬剤処理に対して、最終的なアイロン工程や酸化技術の選択調節を行なわなければならないということが事実です。

ストレート技術というのは、本当に髪を見極める力と薬品の設定方法、酸化技術の選択!全て分かりえたときに美髪が成立します。生半可なストレート方法・単純なメーカー技術ではこれら全てのことはできていないため失敗が起こります。的確な方法、技術力を持つ美容集団に任せることが重要化と思います。

髪の種類・縮毛、くせ毛

縮毛というのは、捻転毛、波状毛など強くジリジリとした状態を言います。現代の縮毛矯正は、縮毛を伸ばすことというよりは、くせやボリューム程度を伸ばすストレート技術として用いられることが多く、本当の縮毛矯正という技術力ではありません。

くせ髪は、モワモワとしてしまっている髪や細かく短いくせなどが根元にあったり、大きなくせがあったり、いわゆるツルツルの美しいストレートでないことをいいます。現代の縮毛矯正技術では、縮毛を伸ばす技術進化から最高の美髪技術に進化しているのが現状でしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ