縮毛矯正後、髪の毛を切るタイミング

縮毛矯正後、髪の毛を切るタイミング

 縮毛矯正をかけている方々は、ほとんど、ダメージがでたから切る!膨らみ始めたら縮毛矯正をかけるというのが常識ではないでしょうか?普通の方は、季節の変わり目や気分転換したときに髪を切ったり、パーマをあてたりと髪型を変える方ます。髪の毛は少し切るだけでも雰囲気が変わりますので、髪型を変えるときは勇気が要りますが、思い切ってヘアスタイルを変えてみたいと思っても、縮毛矯正をかけている方は、切る勇気も必要かと思います。

  1. 毛先が傷んでいるとき
    髪を切るタイミングとして、縮毛矯正やカラーのダメージが蓄積して毛先が傷んできたときに髪を切る方が多いのではないでしょうか。毎日ヘアケアをしていても、縮毛矯正やカラー以外にもストレスや食生活などで髪の毛が傷んでしまいます。
    とくにロングに伸ばしたいと思っている方は毛先が傷んできたら定期的に毛先のみカットすることで綺麗に伸ばすことが出来るのでおすすめです。
  2. パーマやカラーが落ちてきたとき
    フワフワでかわいいパーマも、ウェーブが落ちてきたら一旦ストレートパーマをあてて髪を切る方もいます。またカラー後、髪の毛が伸びてくると地毛の色に戻ってしまいます。髪の毛が伸びればその分ツートンカラーになってしまいます。根元だけカラーを繰り返す方もいますが、カラーした部分だけを切るという方法もあります。
  3. 季節の変わり目
    夏は暑くて髪を切る方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。夏におすすめの髪型はボブヘアやショートヘアです。冬は空気が乾燥していて静電気が髪に溜まります。この静電気が嫌で髪の毛を切る方もなかにはいらっしゃいます。
  4. イメージチェンジ
    イメージチェンジでカラーやパーマをあてる方もいます。縮毛矯正をあてたサラサラロングヘアの方がバッサリとショートヘアにすると、見た目の印象だけでなく雰囲気も明るくなります。

美容室に行く頻度や髪の毛にかける費用などは人によって様々です。美容室に行く場合は予約を取りましょう。また初めて行く美容室の場合はネットなどで人気のお店を探す方もいらっしゃると思いますが、口コミや値段も考慮に入れながら探すことをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ