%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

鎌取縮毛矯正情報のご紹介

鎌取縮毛矯正情報

鎌取 縮毛矯正
鎌取縮毛矯正
鎌取縮毛矯正情報をご紹介、高品質な毛髪を作り上げるエンパニ技術のご提案です。
美容院で作り上げられるストレートヘアは、意外にも広告の内容と違うものっ多くありませんか?そんな技術力ではないというところを皆様に納得していただくためにも、ぜひ!エンパニ技術導入美容院にいってみて下さい、ストレートヘアは、ダメージが少しでもあると膨らみます、そんなことが起こらないエンパニ技術は、皆様が不都合と思うダメージ、乾燥やふくらみが起こらない技術であることを提供いたします。

鎌取縮毛矯正情報!効果は、常に持続

ツヤ感・水分維持力は最高

鎌取縮毛矯正

鎌取縮毛矯正のレベルで比較してみてください。

髪キレイにしたい!今の状態から単純に、髪キレイにしたい!多くの方がそんな希望を抱いています。カラーのばさばさ取りたい!自分の気に入らないくせ取りたい!毎日朝楽になりたい!乾かすだけで簡単に綺麗になったらな~そんな願いを叶えられるのが、この技術です。
毎日楽ちんスタイルセット!

これが重要!

縮毛矯正後、そんない大げさなトリートメントいりません!だってい傷んでいないから!そんな結合強化を実現した、本当に素晴らしい技術です。従来法技術というのは、髪にダメージを与えます。
ダメージが出てしまったのでなく、技術自体が、ダメージを起こして、髪をストレートにする技術なのです。知らない方が多いいのですが、ここをしっかり認識しておいて下さい。

縮毛矯正で昔の技術は、髪を分解した後、髪の癖のもととなっていた、結合が消滅し、その隙間に人工的な成分で固める!それが、過去の技術です。当然、一度ギリギリまで壊されているのだから、2度めは、バサバサ!だから2度目薬剤を付けないサロンが多くなってきています。根本だけかけることを選択しています。この分解状態の判断をミスすると、1回めでも酷い状態になってしまいます。本来、髪内部を分解し、矯正しますが美容師も怖いという実感を受け始めています。
そんな中で出てきているのが、毛先ツンツンは嫌ですか?などのキャッチフレーズです。いかがでしょう?ただ、強めの薬剤が怖くて、ゆるい薬剤で、普通は失敗になる技術を、いかにもそうしていますのような技術の表現で、皆様に売り込むサロンもあります。どうであれ!知っていれば・・・

鎌取縮毛矯正でこんな体験ある?

ダメージ解除

鎌取縮毛矯正

鎌取縮毛矯正に改革

この方、そんなに癖がないのに、縮毛矯正かけてしまったようです。
今回、私どもで処理していけば、技術での酷い状態は乗り越えられると思います。その後、人それぞれですが、このぐらいの癖であればストレート技術をかけなくても十分綺麗に過ごせそうです。

ヘアカラーとの複合的なダメージが気になるところですが、このぐらいの状態であれば、私どもの技術者は、簡単にエンパニで処理出来ます。多分、多くの美容師が、毛先のダメージに困ることになります。それは、技術での対処法を知らないため間違った効果で対処してしまいがちです。そして、その場しのぎの技術で無闇に、油系を使い毛髪内部にゴテゴテとした物質を突っ込んでしまいます。しかし、この対処は、何の意味もございません!

縮毛矯正後しばらくすると、成分は抜け出し、バサバサとした毛髪に戻るだけです。私どもでは、回復可能な部分の処置を施しベースを作ってから、この従来法で犯された部分の改善を行います。根本的な処置が違うため後々の状態自体を比べるレベルでないことを知っておいて下さい。

鎌取でこんな縮毛矯正があったら

縮毛矯正で魅了する

鎌取縮毛矯正

鎌取の縮毛矯正で気をつけつこと

こんな状態は、多くのサロンで断られます。簡単に説明すると、殆どの既施部は、分解しています。中間部がかろうじて、有効かな?ほとんど毛先にかけて、分解状態にあり!状態回復に関しては、人工補強剤を使わなければ収まらないレベルです。今回、毛先は、何も使っていません。なるべくボリュームを抑える技術で抑えられました!しかし、ビビリは残っています。分解作用を起こしていると、直りません!

ただ、真っ直ぐにする技術が、縮毛矯正ではなくこのような状態からでも、お客様に希望を与えられることが、本当に大事なことです。

直すことを自慢しても仕方ありません!このレベルを提供できなければ本当に最初からダメーが出る条件など分かっていないということになります。本当に素晴らしい結果を与えるには、最低限ダメージの元が起こらないことを知ることです。様々な毛髪アドバイスに関して、今後、聞いていただけるならば、必ず美髪美人になることは確実です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ