%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

良い縮毛矯正は、頻度が少ない

良い縮毛矯正は、頻度が少ない
良い縮毛矯正の条件
縮毛矯正でよい部分の評価

良い縮毛矯正は確実にダメージを引き起こさない
縮毛矯正でよいといえる技術は、ダメージをごまかさない安定した技術です。トリートメント効果や中途半端な酸性系縮毛矯正は、縮毛を伸ばせない縮毛矯正であり、縮毛で本当に悩んでいる方々を助けるのもではありません!酸性系縮毛矯正は、ダメージ毛に有効であったり、力ずくで伸ばすためクセの戻りがあったり、様々な、悪質な状態が起きる環境です。たまたまではなく、エンジェルパニクは、追求した理論からはじき出された技術を提供しております。

良い縮毛矯正

縮毛矯正において、全ての現象には、必ず原因がある!悪いことが起きる工程をいくら続けても、間違いから良くなる現象が起きるわけがありません!
縮毛矯正でよい技術結果と悪い技術結果

縮毛矯正

でも・・・美容師は、なぜ・・・それを続けるのか?わかりません・・
悪くなる工程をやめるのではなく、その結果出てしまった悪くなったものをトリートメント効果剤で隠すことに没頭しているのはなぜなのでしょう?隠すことは一時的にきれいで、自分の技術を改善することよりも楽に行える・・隠すことは一時的にきれい!1週間ぐらいしか持たないどろどろ成分で、固めて帰すだけ・・・または、そんなにひどくない毛髪では、いがいにきいているから大丈夫?
ひどくない状態は、初めだけ、当然ですね!

 縮毛矯正でよい技術は、毛髪環境を見抜き丁寧な技術工程で毛髪にあった技術内容を選択し美髪に導くことです。アイロンや薬品毛髪知識のない美容師は、酸性系やトリートメント技術にとらわれて、本当の毛髪環境を見抜けないレベルです。

良い縮毛矯正

 良い縮毛矯正は、ダメージなく丸みを帯びて、柔らかい状態を維持する縮毛矯正です。この状態を作るには、毛髪内部環境が安定していなければ結論を得ることができません。逆に毛髪外部物質を内部に入れることは、はっきり言ってゴミを入れてしまい、毛髪内部は不純結合を起こしてしまい内部に入れた成分が抜け始めると当然、そこには大きなホールができ、また、日頃のトリートメント剤で油を補給し、日常アイロンをかけると毛髪は、油と熱でてんぷら状態!そして、油は、酸化してもっとひどい状態に・・

 縮毛矯正は、毛髪の素材のみで必ずきれいになります。これが良い縮毛矯正の証です。

 ひとつ言っておきます!様々な薬剤は、毛髪に化学反応をさせる上では、その環境を整える働きがありその時点で必要!これが正しい考えです。

縮毛矯正サロンの探し方

 縮毛矯正技術で、高品質な仕上がりをお求めなら、大森蒲田川崎自由ヶ丘などで縮毛矯正をお探しなら、是非、蒲田のスパーキーをご利用ください!

 蒲田の縮毛矯正技術では、多くのセレブ僧からも人気のあるスパーキーです。皆様を満足させる技術を提供してくれることでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ