%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

縮毛矯正の利点欠点を考える!その答え

縮毛矯正の利点欠点を考える

利点欠点を考えた場合、縮毛矯正という技術は、全て技術的成果の結果に出てくる仕上がりによってその感じ方が変わる技術です。私どもの技術では、ストレートにしたいという方がかけることによって、利点しかなく、他の技術では、ダメージや硬さなどまた、不自然なヘアスタイルなど、欠点が非常に出てくるものです。こもで、多くのことを感じていただき今後のサロン選びに役立ててください。

縮毛矯正技術は、過去のレベルでは、もうない。

縮毛矯正でダメージを起こさない技術

クセがなくても美髪を演出縮毛矯正技術で、美髪情報を髪にインプットいかがでしょうか?こんな縮毛矯正技術が事実存在します。外部塗り物成分で誤魔化すものでなく、髪自体の良質変化です。こんな素晴らしい技術は本当に勉強しなくては手に入らない技術です。特に、薬品系の勉強をしなくては身に付きません!

縮毛矯正後、乾かすだけの簡単仕上げ
縮毛矯正

縮毛矯正技術は人的判断、知識が全て

縮毛矯正の失敗人的ミスをなくし、美髪縮毛矯正でトラブル解消!ここが本当に重要な部分です。縮毛矯正という技術では、現在世の中にある道具や薬品を使い美しい技術を行う技術者がいます。このことは、何を理由つけても、よくアイロンが悪いというような方々がいますが、ただ使いこなせない方々がアイロンを否定しているだけです。実際に綺麗にできている技術力があるので、べつに悪い道具などなく、失敗は、その方の技術力不足ということだけです。また、酸性系がいいという方も同じで、アルカリ薬剤で十分美しく縮毛矯正を行っているのが現状です。ただ難しく!本当に毛髪を理解していなければ、この領域はできないということです。

一般縮毛矯正!ダメージありの見極め方!

縮毛矯正を行うときに、濃密な保護剤を使いながら技術を進める縮毛矯正は、かなりダメージが大きいことを認識して下さい!
ここがすごいポイントです。縮毛矯正という技術は、ダメージを起こしながら、補強成分により内部補強をし、その保湿効果やアブラ効果がツヤ出す!そんな技術です。ダメージを作る技術それが真実です。で、ないと強情な縮毛という剛毛は、伸ばせないのでそれが当たり前となります。

近年、クセがなくても縮毛矯正をかける方々が増え始め、この薬剤の調節が難しいだけで、ここさえしっかり学んでしまえば、本当に実力は、アップし、多くの方を喜ばせる実力をつけることができます。

しかし、油断をしてしまうと、基本!ダメージを作る技術!なので、従来法縮毛矯正は、ダメージをいかにコントロールするかによってその操作を間違えると、ひどい失敗につながります。今まの全ての縮毛矯正で、ダメージが出ることは当然!必ず!トリートメントを進められる!補強物質が入れられる!この濃度が強くなればなるほど、毛髪のダメージを誤魔化したり隠す効果が上がります。その補強剤の強さ、濃さで持続効果が変化していきます。

ダメージを出していても、この補強剤が強ければ、隠されてしまいます。時期的に、隠され、この効果が切れるのは、カラー等を行った時点!それまでは、なんかおかしいかななど・・・乾燥が気になるなど・・・バサバサがヒドイなど・・本当にひどくなるまで我慢しているようです。

多くの酷い状態は、カラーのせいにされていますが、根本縮毛矯正時におきています。しかし、多くの現象は、カラー時に起こることが多いのでカラーと縮毛矯正の相性は悪いと言われます。下手な美容師が、この補強剤を手に入れると、隠すだけ隠して、あの店上手いと言われ、しかし、実は、誤魔化し作業が上手いだけ!こんなことがおこります。

その後、その髪を担当するとひどい目にあいます。本来、実は、濡れ衣ということも多い事と言えるので、美容師は本当に縮毛矯正を見ぬく力をつけるべきです。注意点!トリートメント効果を謳うサロンでは、縮毛矯正時、誤魔化しで使うことはオススメ出来ません!当然、通っている状態で、肩より下がダメージを追ってきているならば、常にダメージが出ている状態なので、美髪ロングは望めません!

縮毛矯正のツヤ!油系最悪

縮毛矯正時、この濃厚や濃密成分・重い成分は、何のために必要なのかよく考えてみて下さい!健康な毛髪に必要でしょうか?艶のある毛髪に必要でしょうか?

必要ないですね!

もし、この様々な、濃密成分を使わないと断言できたなら・・・

これは、毛髪成分を安定させ美しい、縮毛矯正ができたということです。私どもの技術は一切の擬似的作用を必要としません!素髪が、ほんとうに綺麗!それを目標に組み立ててきた技術なので安定し、超長持ちな、縮毛矯正を提供しております。さて、そんな、縮毛矯正の技術取扱店をご紹介いたします。縮毛矯正後、トリートメント剤を使わないでよいように全てのことに集中し髪を仕上げております。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ