縮毛矯正最新技術エンジェルパニック

縮毛矯正最新技術エンジェルパニック

 縮毛矯正は、安定した薬品操作を行える美容師あっての技術成果です。薬品は、既に美容業界でそろっています。だから、この薬品が良いとかミネラルがいいとか、GMT・システアミンがいいとか、はたまた、トリートメントが悪いとかいいとかはっきり言って、美容師が薬品安定環境で毛髪内部物質を壊さなければトリートメント類は必要なくなります。結局、過剰な行為を行っている技術者を減らせばすべて解決していきます。

まず、縮毛矯正は、還元剤とその薬品のpHを理解し、毛髪の性質に適した薬品を選べば美髪になります。還元剤もチオで十分最高の美髪になります。

エンパ二は、どんな薬品を使っても毛髪に適していれば最高の美髪を提供できる美容師たちです。だから、GMTがいいとかシステアミンがいいとかそんなレベルではありません。

GMTとかシステアミンの質感がいいとか言っている美容師は、基本チオでこの美髪まで作り上げることができないレベルであるという事をしっかり覚えておいてください。では、GMTとかシステアミンは間抜けな薬品なのかという事なのですが、普通です。還元剤です。ただ使い続けるとよくない結果を見ている正直者の美容師は疑問を持ち始めています。

縮毛矯正は、様々な種類がある

皆様は、縮毛矯正を行うとき美容院をどのように選びますか?
  • 酸性縮毛矯正なら安心かな
  • アクアストレート系なら・・・
  • アイロンなしを言っているサロン
  • アルカリ系の技術は不安?
どの縮毛矯正も適材適所で薬品を選べばよいだけです。使いこなす美容師であれば美しいヘアが手に入ります。薬品がいいとか良いプロ用のトリートメントを使用とかミネラルを使用とか、濃密成分とか、ナノとか、入れるものに関しては技術でダメージを出さなければすべて不必要、必要とする美容師は、何かを隠さなければならない!自分で作ったダメージを隠すそれだけです。基本的に還元作用で直らない毛髪にいくらトリートメントを行っても結果が出ないこと自体多くの美容師が気付き始めているという事実があります。
ポイント

安定した技術力は、塗り物ツヤ剤は不必要

ただ、低ダメージ技術は、多くの知識が必要です。

美容院は、実力を上げれば、トリートメントに頼らない!

最新縮毛矯正の実力

 最新縮毛矯正ノウハウのレベルは、最新レベルといってもすでに2002年には、ある程度確立していた技術なのですが、ようやく美容業界レベルが追い付いてきたので出しています。良い縮毛矯正技術、失敗のない縮毛矯正技術は、まずは今の自分の判断力を成長させることのできる技術工程を技術に取り込むことです。エンパニの薬品使用法に変え基本的な毛髪診断だけでもエンパニ技術に変えていくと、今より良くなります。すべて美髪に導くのは、薬品の優秀さではなく、薬品をコントロールする美容師の力量が重要!薬品ではなく薬品を安定させて環境を整える美容師の知識が重要!薬品・トリートメント効果が重要ではなく最高のアイロンテクニックが重要!すべて整った情報をエンパ二で習得してください。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索
美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい方は、下から入れます。
使えば納得!プレローションP7

エンパニは、理解を深めるとアイロンテクニックの上達が見えてきます。この状態を迎えると、もう一度理解した毛髪判断知識の変化が起こります。さらに、薬品の使い方を本当に理解する時期が訪れます。このとき本当のアイロンの意味がわかり最強となります。

一般的な縮毛矯正レベルだとこの3段階ほど進化が起こらなければ、縮毛矯正は、攻略できません!

ポイント

アイロンが最重要!アイロンができていなければ、薬品も正しく選べない!

美容院は、アイロンを攻略すべき!

最新縮毛矯正で得する部分

最新縮毛矯正で高品質を作り上げる実力をつけると、縮毛矯正後のシャンプーは、当日行ってもよいということになります。さらに、毛髪内部の安定が見られているので、トリートメント剤はほとんどいらない状態で毎日を過ごせることになります。絡むぐらいを直すためのもので十分!濃密・濃厚不必要、さらに、毛髪は完全結合を果たすので、毛髪内部はほぼ安定している環境です。よって結合が切れない限り永久的に美髪を維持、ホームカラー、一般サロンカラー、一般縮毛矯正、デジパー・・・などの外部的損傷や紫外線の影響を受けなければ、半年以上は美髪でいられます。かなり品質の高い縮毛矯正レベルと進化しています。

一般縮毛矯正の売り文句

さて、お客様は、どんなキャッチコピーを信じるのでしょうか?どうでしょうか?迷ういろいろなキャッチコピーがあります。エンパニグループでも同じようなキャッチコピーを使用します。

  • 「シャンプーすぐできます」
  • 「極上!ツヤツヤストレート」
  • 「新登場!ツヤツヤストレート」
  • 「上質な縮毛矯正」
  • 「業界初、髪質改善縮毛矯正」
  • 「トリートメント不要」
  • 「・・・」

当然私どもの技術では、このようなことがはっきり結果として出るので書きます。出るからこのような言葉で、皆様にコマーシャルを行います。しかし、このような言葉が、信用ならない!自分の技術が最高という美容師もいます。どのような技術も、全て美容業界にある薬品を使います。同じです!その薬品を使い、さらにその薬品の組み合わせで、毛髪の結果が変わります。ココが重要です。

ポイント

知らない美容師は、本当にできるエンパニのキャッチコピーだという事を知らない!他店は信頼を失う最悪のシナリオ

縮毛矯正が上手い美容師

縮毛矯正が上手い美容師は、多分他店の仕事を見て余裕でしょう。また、エンジェルパニックは、どのメーカーのどの施術内容も、また出来上がりの写真も余裕で見ています。それは、酸性縮毛矯正の限界もしています、アクア系縮毛矯正の知識不足も知っています。ごてごて漬け込む縮毛矯正は論外、私どもの立ち位置からは、今後、どのメーカーも毛髪の本当の特性を知れば、今まで、研究でつぎ込んできた薬品など売れない!必要がない、求める美髪レベルはすでに出来ているなど!そんな時代になります。

だって、上手い縮毛矯正を行う美容師は、単純なチオ系縮毛矯正剤で、美髪を作りこむ実力を持ってしまっているからです。

15年前にこの技術を出していくことをためらった理由の一つです。

縮毛矯正でのダメージは、消えていく!これが事実です。

美容師は、よく覚えておいてください。縮毛矯正技術やストレート技術・デジパー・カラーなど、すべてで、皆様の能力が上がれば、まずらしい、複雑な美容商材などいらない!本当に要らない!その部分をしっかり覚えておいてください。

昔の縮毛矯正に感謝

縮毛矯正の進化は、過去の多くの失敗の上に成り立っています。だれも、初めからうまいわけではなく、さらに、初めから、正確な技術ではないということは全ての常識です。そして、縮毛矯正という技術も現在まで進化してきました!過去のことを痛々しく説明しても仕方ないでしょう!そのときは、そのレベルで多くの方が幸せを感じていたことです。

上手い!綺麗!・上手い技術者・美容院が信頼ある!

ココを実現するには、多くの経験とさらに事実、起こっている現象の中にある真実に気づいた美容師が、上手い美容師になります。薬品のチェックも、どのような状態なのかを見極めることができなければいけません!当然、1.5倍2倍に伸びるチェックは、ダメであり、そのようになっていないかを調べるために『数本髪を取り出して伸ばしたり、指に巻いてチェックしています!』ダメにならない状態で止めなければ、アイロン時にアイロンのパワーで毛髪がいかれるだけなのです。いいですか!美容師は、バサバサになるための行為を自分で判断しています。

ただそうならないように酸性系縮毛矯正剤が美容業界もてはやされています。しかし、その薬品が適している領域さえ美容師は知らない!!美容師が知らないのではなく薬品を卸す側のメーカーの指導がないだけです。メーカーの指導がないのに失敗の責任を取るのは美容師です。最悪な環境を皆様に知っていただきたい!本当に失敗のない環境を作り上げられる美容環境をエンパ二なら作り上げられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ