縮毛矯正を長持ちさせる方法

縮毛矯正を長持ちさせる方法

 縮毛矯正を長持ちさせる方法、矯正後も長持ちさせるためにはヘアケアが重要なポイントとなります。縮毛矯正は、薬剤プラス熱によって髪の毛を真っ直ぐにしています。しかし、エンジェルパニックの縮毛矯正は、技術中のダメージを最大限低下させて施術しているためほとんどバサバサになることはありません!本当の美髪を楽しめます。矯正後のケアは、ほぼ最低限のケアーでよいです。しいて言うならば、美容室で使っている材料で、P7という頭髪用化粧品があるのでそれを使うことがベストでしょう。

【縮毛矯正長持ちケアー】

【縮毛矯正後のケア】

・弱酸性のシャンプーはあいます。

縮毛矯正の薬剤の影響を受けた髪は、若干デリケートになっていますが、エンジェルパニックの毛髪は、ほぼ健康な状態に近い毛髪強度を持ちます。よって、油っぽいシャンプー剤を避け、さらに、濃密・濃厚なシャンプー剤は、絶対に不必要です。ただ、今までダメージを作られるような縮毛矯正の上にエンジェルパニックを行っている場合、元々のダメージでの影響が大きく、毛髪強度も低下しているので、この様な毛髪には、人工的に重さの出るものを使うことも必要です。担当美容師に聞いてみてください。

・シャンプーの泡で優しく洗う

縮毛矯正後の髪は、摩擦に弱くダメージを受けやすくなっているため、シャンプーは手のひらですり合わせて良く泡立たせてから、その泡で優しく頭皮全体を包み込むようにして洗うといいでしょう。この内容は従来法のやり方です。エンジェルパニックは、ほぼ化学反応が終了しているため、常識ある範囲で好きなように洗ってください。

・髪の毛はきちんと乾かす

髪の毛を濡れたままにしてしまうと、髪の毛や頭皮に良くありません。雑菌が増える原因や摩擦の原因にもなります。濡れたまま寝てしまうと、癖がついてしまうこともありますので、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。

【縮毛矯正の持続性】

縮毛矯正は、一度かけた部分は半永久的にストレートになりますが、新しく生えてくる部分は癖毛のままです。よって、数ヶ月後には境目が不自然になってしまいます。また、伸びた癖毛が影響してダメージを負った毛髪がバサバサと広がってしまう問題もありました。

しかし、エンパニではそんな難題を解決することが出来るのです。4~5ヶ月先も綺麗なままのストレートヘアをかけた部分は、実現致します。髪美人になるための最高技術をお届けしますので、気になった方は是非お試しください。一般の縮毛矯正でダメージを受けた髪も、しっかりとしたケアを行い美髪へと導きます。蒲田や川崎などで高品質な縮毛矯正をお探しなら、エンパニ導入店をおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ