sparky

縮毛矯正の法則、美髪縮毛矯正を成功させるための法則

縮毛矯正の法則『美髪縮毛矯正を成功させるための法則』

この講座では、縮毛矯正技術の法則を簡単に説明しておきます。美髪を求めるための美髪縮毛矯正の法則と従来の縮毛矯正の法則が存在するのでそれらをわかりやすく説明していきましょう。

美髪を求める美髪縮毛矯正の法則

美髪縮毛矯正を成功させる縮毛矯正を学ぶ講座
美髪を求める美髪縮毛矯正の法則は、どんな毛髪もまず、その毛髪がどのような性質を持つ毛髪かを判断する、次に薬品は、適材、適所、適量の薬品判断を選択する、時間、熱量、塗布工程など毛髪に合わせ行う、さらにアイロンは、毛髪判断から薬品設定を通り化学反応後どの様な状態かを見極めて最終的なアイロン技術を選択する。ここができてようやく法則が成り立ちます。この間間違った内容を選択した場合法則は成り立ちません。逆に、全ては、法則に伴った考えから成り立ち全てを選択できるようになるのが、化学的な技術です。美髪縮毛矯正は、科学的な法則からなる最高レベルの技術です。

美髪になる法則

縮毛矯正技術では、美髪になるための法則がきっちり決まっています。その法則は発動するには次のことが重要です。毛髪に対して、かけるアイロン技術を自分がしっかり理解しているか?毛髪性質をしっかり分析できるのか?薬品の性能を十分把握してその毛髪の性質に合わせることができるのか?これらが非常に重要なこととなります。

ポイント

その毛髪の美髪効果を上げるためには

熱の法則を十分に理解すべき

従来縮毛矯正の法則

従来法縮毛矯正の法則はどんなものなのか?それは、従来法では、この法則が成り立ちます。やってもいずれバサバサになる。なぜそうなるのでしょうか?それは、技術者がすべてに対してアバウトだからです。化学反応というのは、明確で再現性ある化学反応的な現象、その条件を満たしていれば必ず起こる現象です。従来法縮毛矯正ではそこがない!酸性がいいとかアルカリはダメとか、ケラチンがいい、コラーゲンがいいとか、ケイ素がいいとか、ミネラルがいいとか?本当にくだらないのが従来法の縮毛矯正です。縮毛矯正の法則は、すべて、還元酸化作用と熱作用をいかに分析できたかで決まります。

ポイント

縮毛矯正の法則

還元酸化作用と熱作用の法則を徹底的に分析すべし!

縮毛矯正で重要な考え

すごく重要な考え方の一例を皆様にご紹介していきます。何を学ぶにしても、自分の考え方やとらえ方、意識的にすべてを見極める行動、本当に言えることは、無意識が最悪の結果を作り上げるということです。縮毛矯正が上手くなりたいなら次のことは絶対直すようにすること、無意識=気にならない!今見ているこのに何か違和感を感じて、どうすればいいか考えること!無意識な方は、違和感を感じません!どうしたら違和感を感じられるようになるか?こんなことをここでは書いていきます。

縮毛矯正で、どうしたら違和感を感じることができるか?

縮毛矯正の攻略法として、常に皆様は、縮毛矯正で行われた毛髪の可能性(美しく仕上がっている内容)を信じることが重要です。世の中には、全く結果が出なくても強引にビジネスをしてくるメーカーがあります。この様なメーカーと長い時間いると、どんどん、出来もしない部分の言い訳で洗脳されていき、しまいには、お客様からの信頼を一切なくします。怪しいと思ったらすぐにそのメーカーから離れることです。

縮毛矯正はしっかりとした事実を学ぶこと

多くの美容師ができない理由は、縮毛矯正理論で嘘を教えられているからです。私どもでは、皆様に公表している写真がありますが、できているという事実です。できているという事実は、求めたものが完成する!高確率でその現象を起こせる、正しい法則です。美髪縮毛矯正の結果を求めた場合ここが正しく!常に高確率で表現できる事実は、その方法が正しいということです。このことを導く方法、行為は、結果が事実として出ている以上皆様は、疑うことなく信じていただければ、皆様もこの結果を作ることができます。
エンパニ導入店につながります。

美髪縮毛矯正の種明かし!

美髪縮毛矯正において・・・美髪縮毛矯正最高レベルエンパニにおいて、多くの法則を明かしても、この結果には導くことはできません!美髪を求める技術に、今の美容業界の技術を近づけようとした場合、美容業界の技術は、ほとんどが間違えの宝庫です!結果にならず、塗り物でごまかしている以上、その工程は、すべて間違った内容であることは明白なので、ここを理解してください。毛髪は、第一に100の毛髪は100種類!違う毛髪!薬品反応も100毛髪の性質により100種類ある!として考えなければならないので、まずはここの法則を整理することです。一番成長が早いのは、最終技術!アイロン操作において、自分にはどんな癖があり本当は、毛髪に対して、どのような技術が良いとされるのかを決めることです。この出口が定まらないと、どんな判断を薬剤設定時に行わなければならないかさえ見えてこないのが事実です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ