%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

なぜ、縮毛矯正は、ストレートヘアを維持できない

縮毛矯正のなぜ?に答える

縮毛矯正という技術を良質な結果の出る技術をもとに解説していきます。科学的根拠などは、この中では、伝えていきません!そのような内容は、理学博士が、今後解明してくれると思います。特に私どもが証明できることではないので、日々実験で起こっている現象から、その環境設定をすることにより、良質な結果の出た情報をもとにした技術を確立することにより、縮毛矯正を進化させた内容から、皆様にご報告してまいります。

縮毛矯正の難しさ

なぜ、縮毛矯正は難しいか?ということですが、縮毛矯正という技術は、100人と色の毛髪を分析しなければならない技術であるということです。まず、毛髪は、もともとの性質があり、その性質には、薬剤のきき方に違いが出るということが事実です。そこに加えて、前回までの経歴が、毛髪の性質をかなり変化させています。縮毛矯正という技術は、このような毛髪の特性を見極めて全てに対応することを求められています。

縮毛矯正とカラーどちらが先?

なぜ、縮毛矯正をかけるとき、カラーの順序でダメージが変わるか?ということですが、まず、カラーという技術において毛髪は、PH10ほどのストレスを受けることになります。縮毛矯正剤では、PH9.1ほどですが、意外にカラー剤のほうがストレスを多く毛髪に与えてしまうことになります。さて皆様は、カラーと縮毛矯正どちらを先に行うべきか?このことに関しては、色落ちを気にする方は、縮毛矯正後時間を空けてカラーをお行うことを勧めます。なぜかというと、時間を空けない場合、一般技術では、毛髪内部の結合が不安定です。この状態にカラーを即塗りすると確実に爆発します。ここは重要です。染毛料の色落ちは仕方ないと考え、初めにカラーを行い縮毛矯正の薬剤で調節し技術を行うことがベストですが、お客様事態が、このことを納得の上依頼することが条件です。エンパニでは、カラーの色落ちも少なく、毛髪も安定状態を維持できるため、写真のような仕上がりを提供できております。

縮毛矯正はダメージがなくなるときがくる?

縮毛矯正技術において、毛髪に対し、ストレスを与え形状を変化させるのですから、当然、ダメージ・・・物理的影響や薬品的影響は出ています。ただ、現在できていることでは、皆様が、不都合と思う乾燥や女子力を下げるバサバサという状態は、確実に回避できています。

縮毛矯正は、どこまで持つの?

なぜ、縮毛矯正は、取れてしまうの?違います!取れてしまったのではなくそのような技術の場合、初めから、結合が甘く、当時行われうけてしまった、ダメージが現れてきただけです。縮毛矯正という技術は、矯正という言葉の通り、強い状態維持ができる技術です。結合を速やかに行い安定していれば、確実に半永久結合なので、取れることはありません!次の写真は、縮毛矯正を受け半年が過ぎている方の写真です。根元が伸びています。その強さをご覧いただき、前回までかけた部分が綺麗であることをご確認ください。

縮毛矯正縮毛矯正

縮毛矯正とストパーどちらがいい?

縮毛矯正とストパーはどちらがいい?ということですが、根本的にこの質問は、癖が強くもなく、依然ストパーでも効果を感じた方に適した質問かと思います。縮毛矯正は、強い縮毛の方が欠けるものです。しかし、近年は、この縮毛矯正技術の様々な条件設定によって、どんな癖の方でも、アイロンストレートという部類で解決できる内容になってきています。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ