%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

縮毛矯正と梅雨時期の髪型

縮毛矯正と梅雨時期の髪型

 縮毛矯正をかけていると本当に悩まされるのが、梅雨の時期の髪型です。梅雨の時期は、湿気が多くなるため常にジメジメとしています。そんな季節には、髪の広がりや癖毛の悪化など髪の毛の悩みも多くなります。ヘアスタイルが上手く決まらなければ、何となく憂鬱な気分になってしまうものです。では、そんな梅雨時期に髪の毛が広がってしまう原因とは、一体何なのでしょうか?

【髪の毛が梅雨時期に広がる原因】

髪の毛には、キューティクルがあります。実は、このキューティクル部分から水分が髪へと浸入し、水分はコルテックスに溜め込まれ、溜め込んだ部分が膨張すると、そこから髪がうねりを起こしてしまうのです。また、元々癖毛の人は髪が湿気を吸うことでさらにうねりが強くなり、より広がってしまいます。

これは髪の吸収率の違うたんぱく質の性質が、たんぱく質の柔軟性に差をつけるため、曲がりかおきてきます。

毛髪は、一本一本異なる形状へとうねるために、髪全体が広がることになってしまいます。さらに、毛髪のたんぱく質にダメージを与えるとその差が出やすくなるという現象が起きます。

【傷んだ髪のケア】

キューティクルを整えるためには、日頃からトリートメントやオイルなどで髪の毛に栄養補給をすることが大切です。一度壊れてしまったキューティクルは元に戻らないため、できるだけ剥がれる前に予防することが大切です。

でも本当にキューティクルはツヤに影響しているのでしょうか?癖がある方や、元々ツヤがない方全て健康毛でキューティクルはそろっています。メーカーのキューティクル宣伝にごまかされているだけなのであまり気にしないほうがよいです。

エンジェルパニックの縮毛矯正は、ツヤがない毛髪につやを与える技術力があるということを知っておいてください。

【梅雨の髪対策】

傷んだ髪の毛をケアすることは、髪の広がりを抑える良い方法にはなりますが、ケアを心がければすぐに健康で綺麗な髪になれるわけではありません。そこで、梅雨の髪対策としておすすめしたいのが縮毛矯正です。縮毛矯正は、薬剤と熱によって髪の毛を真っ直ぐにします。
ストレートにする力が強く、乾かしただけで真っ直ぐなストレートになり、スタイリングにも時間がかからないため朝の忙しい時間でも楽にスタイリング出来ます。梅雨の湿気にも強く、うねりや広がりを抑えることも出来、ツヤのある綺麗な髪の毛を手に入れることが出来ます。

私どものエンパニ技術は、そんな縮毛矯正の最高の技術です。最高品質のストレートヘアを実現致しますので、梅雨時期のうねりや癖にお悩みの方は、エンパニの縮毛矯正をかけてみませんか?一般的な縮毛矯正ですと、何回かかけていくうちにバサバサと傷みを伴うことがありますが、エンパニにはその心配がありません。

何回かけてもみずみずしい美しい髪を保つことが出来、ストレートを長期間にわたって維持出来るため人気となっております。エンパニ導入店は、川崎や蒲田、大森などにございますので、気になることがございましたら、お近くの導入店へお尋ねください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ