%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

縮毛矯正でストレートヘアを求める場合

縮毛矯正で気を付けること!

縮毛矯正 ストレートヘアで、ネット環境に、これだけ多くの情報が有り余ってくると美容師も本当にやりづらくなってくることでしょう!また、酷いクレーマーも現れてきているようです。クレームに関して、サロンは、健康毛を主体とする技術結果を表に出すべきです。お客様の中には、ご自分で、カラーをしたり、ストレートの薬品を使っていたり、すでに毛髪内部は、ぐちゃぐちゃの方が多くいます。また、他店で施術した部分の保証は、一切行わない方向で、提示を行うべきです。逆に縮毛矯正部のダメージ修正の場合は、グレーゾーンも存在するため、施術前には必ず、署名を頂くことも重要です。なぜ?人が気に入るとか気に入らないは全て主観的な判断なので、どうであれ受けた本人が気に入らなければクレームになることは間違えありません!無理なものも存在するためここは重要です。行う技術時間は、3時間4時間かかり、それでも施術するということであれば、結果に問わず返金不可ということを謳うべきです。しかし、これを行う美容室は、しっかりした実力があってこそです。ここを勘違いしないようお願いいたします。

縮毛矯正の制約

縮毛矯正を依頼する場合施術前と施術後
他店カラー・縮毛矯正・デジパーによるダメージに関して、その後のダメージの悪化については、保証ではきません。
特に、当店では、縮毛矯正を続けていただくと美髪になるということを謳っておりますが、他店カラーやご自身で染めてしまい、毛髪を壊してしまうというトラブルに入っている方がいます。常に、その結合を当店では補修しておりますが、ダメージは、すべて消えるわけではありません!このような場合、美髪の保証は致しかねますので、ご了承ください!このような文章が正しい美容室の回答かと思います。

縮毛矯正という技術において、毛髪のダメージは、前経歴が作用してきます。当店では、バージン毛に関して全ての実験において良質を保証できる技術内容を持ちます。しかし、既に処理が行われている毛髪に関しての保証は、一切致しかねます。すでに皆様は、私どもの実力を見抜き当店にお越しいただいておりますが、この内容はおかしいと感じることかと思います。はっきり言います。この内容は、クレーマー対策なので、実力を伏せ皆様への保証の範囲を狭めております。

縮毛矯正のダメージ補修に関しまして、来店時より多少でも変化が起こるようでしたら施術を行わせていただきます。しかし、その結果もあまりすすめられるような内容でなければ、お断りいたします。しかし、その内容も気になり、ここまで来たのだからやりたい!そのような希望のある方は、一応ご署名を頂き施術に入ることは可能です。この内容を踏まえて、ハイダメージのお客様は、施術に臨んでください。酷いダメージ処理に関しては、全てでご署名をいただく場合がございます。ご了承ください。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ