%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

京都縮毛矯正情報!高品質を披露

京都縮毛矯正

京都縮毛矯正情報
京都縮毛矯正
縮毛矯正でこのレベルのストレート効果は、いかがでしょうか?確実な成果を挙げる技術内容がここには存在します。毛髪は、確かな法則の元美髪に変化する条件を持ちます。この条件は、毛髪1つ1つで違い、一人一人の毛髪で性質を見極め技術的な環境設定をしなければ美髪にはなりません!

京都で、このレベルの技術力を今回ご紹介していきます。現在1店舗が本技術を取り入れて現在データーの勉強をしています。今後の発表をお楽しみにしていてください。

京都縮毛矯正エンパニレベル

京都縮毛矯正でプロの悩み解決!私どもの技術レベルでは、美容師がダメージで悩む悩みは、本当に減ってきています。エンパニは、だから、美髪ストレートヘアを確実に作り上げる可能性の高い技術として、お客様に支持さています。いろいろ美容師は独自の考え方があり、このレベルを否定する方もいると思いますが、ごめんなさ!事実できているので、美髪を作る理論としてはこの技術理論がすべてで、基本、美容学校で習った毛髪理論を研究し独自に追求した内容の成果です。事実できていることがすべてで、それが正しく、このレベルの結果を求めるにはこの内容の技術が正しく作用することを知っておいてください。単純です。基本です。知ってしまえばなのですが、基本、アイロンが安定しなければ、結果にはつながりません。

京都でこの様な内容の技術力を一部の美容師に提供しています。近いうちにこのレベルが当たり前になりますが、言えることは、良い薬品を使いこなすのは、技術力の高い美容師ということです。良い薬品も技術力の低い技術者が使ってもその効果は出ません!ここが本当に重要なので知っておいてください。

京都でおすすめ縮毛矯正のケアー

縮毛矯正後、日常のお手入れでシリコーン入りシャンプーなどを使い、縮毛矯正後の毛髪のケアをしても別にいいと思いますよ!技術では、使用してないのですが、一般的ケアーには、過剰でなければ問題ないものと思います。京都ではノンシリコンか主流ですか?ダメージや失敗技術において、シリコーンの問題は技術に有り!既に、ダメージを追った毛髪に対し使用されることが多く、美容技術において、ぎりぎりの毛髪に使用されていて、その先1回の技術で、崩壊する毛髪状態が多く次に縮毛矯正やカラーを施術した場合イッキに前回までの抑えられていたダメージプラスその時のダメージが加わるため酷い状態になります。
綺麗に見え、いきなり状態を変えてしまうので、美容師は、シリコーンが邪魔をしたと表現します。

縮毛矯正が、過剰反応優先の技術であれば、シリコーンを否定で、入ると思います。それは、綺麗に見えている髪に内部まで綺麗と判断し、技術を行うため、ダメージが進行しバサバサ!美容師の判断ミスということになります。また、酸性系で行う場合も浸透性が艱難と判別され、シリコーンは、否定されます。よく考えれば、見えてきます。シリコーンや濃密トリートメント剤は、過剰な使用が問題であり、必要な方は使うべきです。根本の問題は、必要以上に外部物質を毛髪に残すことが問題です。これはノンシリコーンでも、根本異物を送り込むので、同じ事です。

縮毛矯正とカラーどちらが先?

縮毛矯正 カラーどちらが先というお話です!カラーを先に行うと、色が剥げる?しかし、縮毛矯正を先に行うと、ダメージが出やすくツヤも失われ、もちも悪くなる!さて、皆様だったらどちらを選択しますか?
一般的技術であれば、この様な選択さえできません!私どもの感覚からであれば、通常のダメージとカラーリングのダメージは、かなり影響しあい、非常に悪いことが起きます。
京都でこの様な事実を伝えていきます。

ポイント

もし、私どもが従来法の技術で行うならば、絶対にアルカリカラーと縮毛矯正の施術を同じ髪にすることは、絶対に避けます!

さて、ダメージ軽減、毛髪安定技術のエンパニでカラーと縮毛矯正どちらが先かということを考えると・・答えは・・

カラーが先です。

もしカラーを後にする場合は、元々のダメージがないことが重要で、基本、エンパニは、一つ一つの施術内容は、安定しております。しかし、以前に他の強固なダメージが入っている状態だと安定圏から外れており、その上からカラーを行うと毛髪は、極度な過剰反応をお越し、ダメージを進行させてしまいます。

色重視のお客様は、時間がたち、毛髪が、安定した状態からカラーを行うことが正しいでしょう!

こんなことを基本的な知識としてお持ちください。

縮毛矯正品質アップ

美容師は、縮毛矯正時、それらのダメージカモフラージュ剤で、支えられている毛髪美を判断し、いきなりの過剰反応に対処出来る実力を付けなければ、シリコーンと同じように、また、今あるシャンプー剤や成分を否定することになります。正しく理解していれば、悪者を作る必要はありません。
私どもでは、他のものを否定して行くより、本当に結果の出る技術力やアドバイスを心がけております。

そして、その方に合った最善の方法をお話しております。おすすめするシャンプーやメーカーも私どもの利益でなく、その方に合う内容で市販のものでも、合うものは、オススメいたします。

縮毛矯正の問題点

縮毛矯正技術において、多くの美容師が、結果を出すために一時的な毛髪改善成分と言われるトリートメント効果剤を使用し技術で起こされたダメージを隠しこれ綺麗でしょ!という内容が従来法です。

綺麗になるための新技術は!

全く、トリートメント効果を使わず毛髪が安定し、強度を維持したままストレートヘアを維持する技術!一般の概念を覆した技術!毛髪は、丈夫であり、毛髪強度を継続し形状を安定結合によって維持する!トリートメント効果や人工タンパク質は、一切いらない!そんな技術になります。 人工タンパク質濃厚トリートメント剤を駆使する技術は何を隠しているかというと、自分で作ったダメージです。髪をクタクタにして、内部にセメント効果接着効果で、形状を維持する!
これでは・・・・・
その見せ掛けの状態を信じ、技術を繰り返すと、結局、毛髪は、だめになり酷い状態になります。なぜなら、綺麗に見えているのは、付着物質だからです。中身ボロボロだから、次は、『耐えられません!』そんな事実があります。

縮毛矯正は、現在何も使わなくても、かなり美しい美髪処理ができます。自身を持って多くの方に上手いと認められております。このHPに乗っている写真が事実です。ここで紹介している技術の内容は、全て一般的に使われる、トリートメント効果剤を使いません!使わなくて出来ているので、出来るのです。 このレベルは、なかなかたどり着いていない技術力です。多分世の中の技術自慢の技術者でこの毛髪の特異性は、まだ攻略出来ていないでしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ