パーマの種類

パーマの種類

縮毛矯正やパーマなどカット以外の目的で美容院や美容室へ行く女性の方は多くいらっしゃると思います。パーマと一言でいってもたくさんの種類があります。専門学校などで美容師免許取得の勉強をしている学生もたくさんあるパーマの種類を覚えなくてはいけません。
パーマの種類を少しでも知っていると、美容室などでパーマをお願いするときスタッフにスムーズに伝えることができるのではないでしょうか。

【デジタルパーマ】

デジタルパーマは形状記憶パーマとも呼ばれています。パーマ材を使用する一般のパーマの作業工程にさらに熱を加えてパーマをあてます。デジタルパーマは髪が短い方でも気軽にパーマをあてることが出来るので、幅広い年代の方から人気のあるパーマです。
パーマの持ちもいいとされていますので、パーマが長持ちしない方やスタイリングを楽にしたい方におすすめです。

【水パーマ】

水パーマはナノレベルの小さな粒子をスチームを使ってかけるパーマなどのことです。従来の薬剤より弱い薬剤を蒸気の力で髪の毛に浸透させます。施術時間も短く、弱い薬剤を使用しているので肌の弱い方におすすめのパーマになります。薬剤が弱いといっても髪の毛は傷みますので、日頃のヘアケアが大切です。

【酸性パーマ】

酸性パーマは髪の傷んだ部分を修復・補強するパーマのことです。一般的パーマに比べ、髪へのダメージ負担を軽減するメリットがあります。さらに、酸性パーマの仕上がりは、とても柔らかく、髪本来の質感を失うこともありません。さらに、頭皮や身体にも優しいので、安心してパーマを受けることができます。また、サルファイト系のトリートメント薬剤は、ダメージ感が少ないので、質感も柔らかく、艶や手触りが良いのでおすすめです。

以前は縮毛矯正やストパーなどは傷むという認識でしたが、私どもの技術では悪い部分を技術的にコントロールし、美髪を保つことが出来ます。縮毛矯正やストパーで起こる損傷や乾燥ダメージを対処し、高品質なストレート技術をエンパニ技術といいます。
川崎,蒲田,大田区周辺でエンパニ縮毛矯正の技術を試すことの出来るサロンをお探しの方は、エンパニ導入店を是非ご利用ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ