%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

ストレートヘアを維持する縮毛矯正・ストパー

ストレートヘアは長期持続を可能にするのか?

ストレートヘアを維持するには、どうしたらよいのですか?今回はこんな質問にお答えしましょう!
ストレートヘアを手にしている方々の多くは、ストレート技術によって、人工的に作られている方を対象が多いいでしょう!そんな方々を対象にお話ししていきます。

ストレートヘアを縮毛矯正で作っている場合

ストレートヘアを縮毛矯正で作っている場合、毛髪環境は、縮毛矯正技術のレベルでかなり変わります。バサバサな方もいれば、なんとなく状態はよくトリートメントで押さえれば何とかストレートを維持する!乾燥による癖が出てきている!最高の美髪を維持して最高にしなやかで、尚且つ美しい美髪を手にしている方もいます。さて何が原因でこのような差が出ているのでしょうか?

縮毛矯正の技術力の差

美髪状態を維持できていないのは、縮毛矯正技術での技術力の差なのです。またメーカーの薬品は、その考え方に則し技術力にも影響する指導が入っています。ここが本当に問題ということが判明しております。美容師が習う技術は、主にメーカー指導の技術が多く考案されている技術は、メーカーが作り上げていることがほとんどです。薬品知識・アイロン技術力・毛髪知識この3っつがそろって初めて技術が成功します。そしてとくに安定させておかなければいけないのが、アイロン技術力です。アイロンをかける状態に持ってきている毛髪は、どのアイロン技術で行えば最高のストレートヘアになるか?ということです。良い美容師を選びましょう!現在優秀な技術として、一例ですが、エンパニという技術が存在しております。美しいストレートヘアをご希望の方はこちらを頼ってみてください。

エンパニ導入店につながります。

ストレートヘアで行ってはいけないケア

ストレートヘアで、多くの方が家でアイロンをかけているということがあります。この状態は、日増しにバサバサを起こしていく内容としてご理解ください。通常のアイロンをかける場合の注意点は、絶対にぬれた状態で(濡れているなと感じている状態も含む)高温アイロンを極度な力で引っ張らないこと!これが重要です。意外に美容師でも引っ張りの強い方はいますが、完全に乾いている状態であれば、ある程度は大丈夫です。一番ダメなのは、もう夏内部に油系の物や、人工物質が入りすぎている状態でのアイロンは、熱が高く入りすぎるので、危険と覚えておいてください!油方の毛髪は、てんぷらと同じ原理です。温度上昇100度以上上がり始めるので水分が飛びます。

乾燥毛になったストレートヘア

ストレートヘアで、乾燥が気になりだしている場合、癖が出やすくなりますが、この状態を回避してくれるのがトリートメント剤の成分かと思います。しかし、多く使いすぎれば、水分が飛び同じように乾燥が恥じまします。よく考えてみてください!この乾燥の始まりは、トリートメントし始めてから・・・・のような気がしますね!油で綺麗になる・・だけど毛髪内部は、水分が抜ける?後々トリートメント成分が水分を寄せ付けない?こんな感じに考えるとちょっと・・・

ストレートヘアをストパーで作る

ストパーでストレートヘアを作る場合、基本!癖が少ない方が適しています。そして、酸化方法によりその強度が変わるので、濡れたまま薬品で酸化させる方法やブローで固定していく方法、または、アイロンも使ってくれる酸化法などがあります。適度に選んで施術を体験してみてください。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ