%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

シャンプーと縮毛矯正の相性

シャンプーと縮毛矯正の相性

シャンプーと縮毛矯正の相性
シャンプーを縮毛矯正後してはいけない理由は何でしょうか?というご質問が良くあります。そんな質問にお答えしていきます。

・シャンプーは、できる?
シャンプーをしてよい技術は、毛髪が壊れていない技術です。毛髪は縮毛矯正時に大きな刺激の上で行われますが、基本技術者が安定した技術を行えば、毛髪は、見た目ダメージが酷いということは起こりません!従来法縮毛矯正において、ダメージが酷い毛髪を人工補強成分で擬似的に安定させるという技術でした。そのため毛髪がバサバサで化学反応を終えていても人工成分でツヤツヤという表現をしているメーカーが主に、縮毛矯正後のシャンプーは、この入れ込んだ擬似的成分が固まるまで待ってくださいというのがこの理由です。
・シャンプーができる縮毛矯正
シャンプーができる縮毛矯正は、素の状態で毛髪が完全安定に導かれている毛髪で、そのときの結果がすでに安定していて壊れないということが確定している縮毛矯正です。技術が終わった時点での安定なので、それが素の髪の美髪状態が継続する証です。

シャンプーと縮毛矯正の関係

シャンプー剤は、汚れを落とす目的のものです。毛髪についた外部的成分を落とすものがシャンプー剤ですが、毛髪に擬似的成分を入れ込み安定させるタイプの縮毛矯正は、このシャンプー剤で、人工成分が洗い流されてしまいます。安定するまでといっても、そのもちは、3週間程度でしょう!一度目は毛髪自体壊れていないので、美しさを安定させることができますが、日に日にバサバサになっていくのがこの部分が理由です。縮毛矯正時以降にバサバサにならない縮毛矯正は、毛髪強度がある技術なので、これが起こりません!

シャンプー剤を選ぶコツ

シャンプー剤は、選ぶべき!というのは、毛髪のコンディションが安定していない毛髪は、選ぶ必要があります。弊社技術は、ほとんど安定なので、そのようなことがありません!

シャンプー剤のシリコーンは悪?

シャンプー剤のこんな話どう思いますか?シリコーン(シリコン)が悪いっている話!世の中ビジネスのためにうわさを広げる悪いやつらがいます。単純にそんなはなしです。ただ濃密なシャンプーを売りすぎたため多くの消費者がそこから離れたかっただけです。重すぎ、人工成分のせいで髪のセットが持たないなど・・

シャンプーで石鹸系のもの

シャンプー剤で石鹸系のものがございますが、この石鹸系のシャンプー剤を使われている方々の特徴は、毛髪内部にたまった成分があり、薬品をつけるとベタベタと出てきます。さらに、縮毛矯正でアイロンをかけるとアイロンにまとわりつくように毛髪が引っ付いてきます。できなくはないのですが、理解してアイロン操作が上手い技術者に任せるこっとです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ