%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

縮毛矯正後のシャンプー

縮毛矯正後のシャンプー

縮毛矯正後のシャンプーはしていいのか?
シャンプーはしていいの?
縮毛矯正後シャンプーはしていいのでしょうか?
それは全て技術の内容次第です!

縮毛矯正情報をここで、十分つかんでおいてください!

シャンプーをしてはいけない!技術は、毛髪が安定していない状態を指します。毛髪が安定するまで、しばらく水にぬらすことを避けてくださいといっている状態です。

え!なぜ・・・

技術中に多くのトリートメント効果剤を入れるという説明を聞きませんか?さらに、強い薬品で毛髪をやわらかくさせている作用を薬品等で最後固めています、お客様の協力で一定期間日常で、自然酸化を行ってください!濡らさないで、乾燥させてください!という説明がありますよね!今までダメージが出るということは、酸化不足という定義が働いていました!ダメージが起こったり、ストレート効果が鈍ることは、毛髪内部の固定が甘いということになっていたのです。

この内容から、最終的な結果は、お客様がいつ洗うかで決まるという状態が発生していました。

結論
縮毛矯正後のシャンプーは、不安定な技術では、2・3日行うことは禁止されています。この不安定な技術は、トリートメント効果剤が固まることと、毛髪内部が固まることを長時間の自然放置で期待した技術です。しかしいえることは、この内容の技術は、いずれ、毎日のシャンプーで毛髪内部組織が不安定となりバサバサになる技術であることは事実です。

シャンプー剤のPHは、意外にあります。毎日、毛髪は膨張し内部が不安定です。この状態は、結合強化という状態を起こさなければ常に溶けることが起こっています。縮毛矯正時には、毛髪内部が不完全な不結合状態の技術だと縮毛矯正後のシャンプーは、しないほうがよいということです。

シャンプーして良い技術

smile31
シャンプーしてよい技術は、サロンを出るとき、サロンで技術が終了したとき、毛髪は美しく完全に化学反応が終わっている状態です。なので、すでに安定している毛髪環境です!シャンプーは、当然技術後その時点でしても何の問題もありません!次の日もシャンプー後、乾かせば美しく仕上がるのがこの状態です。

美容院選びでは、次の日シャンプーしても問題ないということが、技術力の目安になります。

さて、毛髪状態では、縮毛矯正後シャンプーをしてはいけない状態もあります。それは、ビビリなどの酷いダメージがあり、技術処理で濃密なトリートメント効果剤を使用している場合です。この状態は、人工成分で補強しているので、これらが固まる状態が必要なのでシャンプーは、2,3日我慢しましょう!

気がつきましたか!ダメージがあって人工物質で固める状態は、シャンプーしてはダメということです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ