%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

カラー毛でダメージ縮毛矯正の修復

カラー毛でダメージプラス縮毛矯正の修復

縮毛矯正とヘアカラー

 縮毛矯正にヘアカラーをしている環境もかなり影響があり!その状態をカバーするために人工的な保湿剤や被膜剤により、カバーしてしまい放置することにより結合状態の不安定を継続してしまう!このような状態が、乾燥・バサバサの状態を作り上げています。その証拠は、本日はシャンプーしないでください!というサロンでは、内部結合の安定が起きていないため、酸化結合が終了していないため、シャンプーをしないほうがよいということになります。アイロンのせいではなく、アイロンの使い方が悪い方は、アイロンを否定します。アイロンをうまく使いこなしている技術者は、決して、アイロンの悪口は言いません。矯正の場合アイロンが、毛髪の結合を矯正するので、確実なテクニックが必要なのです。

縮毛矯正とカラーを行なうと感想が激しい!乾燥毛でも意外に綺麗に見えていますか?油多目は危険!などの環境は、私どもから見ると最悪な環境課と思います。縮毛矯正でこのような状態は、わりと綺麗におさめている!そんな印象ですが、カラーが入り、縮毛矯正を何度か行い!その後完璧な美髪状態を作り上げることができるのが、エンパニです。

カラー毛縮毛矯正でのダメージ

カラー毛縮毛矯正でのダメージ!
縮毛矯正縮毛矯正
縮毛矯正 ヘアカラーこの状態から縮毛矯正をかけて最高の仕上がりにするには、この毛髪にどのように還元作用を施したらよいかということを十分に理解することが必要になります。縮毛矯正技術において、ダメージを読み毛髪の性質を読むことがすべてであり、毛髪に合った、薬品が使えその後そのデリケートな毛髪にいかにアイロンをあてることが重要なのかということを理解することが重要なんです。技術というものは深いので多くの方が、多くのことを学び発信しなければ、今の現状は変わることが無いと思います。

縮毛矯正後の状態

縮毛矯正縮毛矯正
いかがでしょうか?ここまで綺麗に仕上がっていれば、前回までの方が行っていた縮毛矯正よりは良い状態ではないでしょうか?この状態をコンスタントに行うことができるのが、エンパニです。カラー毛のダメージの解読ここが重要です!縮毛矯正毛のダメージの解読ができればこのような技術の選択は100%できるということが判明しております。

技術・材料情報

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ