%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

ストパーか縮毛矯正?

もっと魅力的にストパー?縮毛矯正?

縮毛矯正なのか?ストパーでかけるべきか?と悩む実力者がいれば、なかなか上級者ですね!単に縮毛矯正という技術は強い薬品を使った強う酸化力のあるアイロンに様固定技術です。ストレートパーマというのは、強くない癖や主に人工的なくせをのばす技術で、意外に薬品は弱くでも、アイロンを使わないという特徴がありますが、私どもではこんな定義を立てています。強い毛髪は、強いアイロンの引きが必要です。でも薬品は、適度な還元効果を求めた場合、弱く設定し、アイロンを強く引く場合もあります。この場合も毛髪は綺麗な美髪になります。では、当技術のストパーか縮毛矯正かの判断は、細かくアイロンを引かなければならない毛髪なのか?毛束を厚めにとり、短時間で処理ができる毛髪なのかで決まります。今回は、縮毛矯正で行きます。

カラー毛ダメージ処理

縮毛矯正縮毛矯正
縮毛矯正前の状態で、広がりはかなりあります。決してストパーでできる状態ではないので、縮毛矯正と既矯正部の補修技術を使いこの状態の毛髪を調整していきます。理論は、還元させることが重要!ここを見誤らなければ大丈夫!根元は当然アルカリ分が必要な環境です。現在、アルカリが怖いということで、アルカリ剤から逃げてしまう方が多くいます。酸性系縮毛矯正の使用が多いようですが、既に限界を感じていると思いませんか?それが事実です。

縮毛矯正後

アイフォンで撮影なので、ピインボケですが、フラッシュなしでもここまで綺麗を見ていただいております。
縮毛矯正縮毛矯正

縮毛矯正後このレベルで修復できていれば合格でしょう、しかし、上級者はもっとうまくこの毛先を仕上げます。常に私どもの技術者であっても上手い下手は、あります。しかし、美容業界のレベルは常に超えた技術力の上での話です。

技術・材料情報

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ