sparky
%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc02

縮毛矯正講座|最新縮毛矯正の方法のまとめ

最新縮毛矯正の方法のまとめ

今回の縮毛矯正講座では、最新縮毛矯正の特徴や方法をまとめていきたいと思います。今まで、様々な技術があるそのさまざまな技術は、いかに美容師の失敗を無くすかという部分にフォーカスされており、無難に、失敗ないというものです。そして毛髪強度がない毛髪や特殊案毛髪に関してはその方法は効かないといってよい物でしょう。今の美容業界の縮毛矯正技術は、はっきりした事実を追求したノウハウになっていません!ほとんどがアバウトな方法なのです。的確な内容をしっかり整理しまとめなくては事実に元ずく方法にはたどり着けません。最新縮毛矯正の内容を提示する前に様々な技術の分析を初めにしましょう。

最新の理論で縮毛矯正を分析

ここでは、皆様が疑問に持つ縮毛矯正の様々な現象を最新理論から分析していきます。ただし、エンパニ®が本当に解読しているすべてを話すわけにはいかないので、限界ぎりぎりまでのお話をしていきます。エンパニ®では、その最新理論を使った最新縮毛矯正技術において法則通りに結果が出ていることばかりです。確実に解決しているからこそ技術者は、美髪をコンスタントに作り上げています。そんな事実が現実に起こっているので、ここに書き下ろすことは、誰も否定できない正しい考えとご理解ください。この内容に反応できない講師は、講師などやらないほうが良いでしょう。美容業界を混乱に招いていること自体気が付かないどうしようもない奴とかんげえるべきです。特に場末は、最悪でしょう。

酸性系縮毛矯正を最新理論で分析

酸性系縮毛矯正の方法は、毛髪内部の塩結合にアタックさせないで(膨潤・軟化を控えめに)させることで行う技術です。美容業界は、この酸性だから良い程度の理解で本質を全く理解していない!更に還元剤がシステアミンが良いとかスピエラが良いとかいうが基本、還元できれば大差はない!ただ、アルカリや液体膨潤がないので粒子の細かいものが有利しかし、その残留は、毛髪内部にこびりつき最終的には、硬くカシカシになります。また、軟化や膨潤がほとんどないためアイロンによる力を込めて施術することになり、さらに強度の高い毛髪に関しては、スライス薄目といういかにも強引なこぎつけの技術になっていきます。最新縮毛矯正では、酸性を扱った場合酸性領域で何をすればよいかすべて分析終了しております。勉強が嫌な美容師は、何となくのアバウトでしかないことになるので要注意です。

なぜ酸性系が受け入れられた?

単純にメーカーが、どんな毛髪にも合う事のない縮毛矯正剤を合うとして美容業界に流したことが最悪の原因です。今まで美容師が失敗してきたと思いますよね、でも、自分の手を汚さないメーカーは、そこであぐらをかき、美容師の失敗は自分たちの責任ではないと高をくくっています。そして、ビルが建っています。しかし、これからは、美容師の世界がやってきます。メーカーが美容師に売れるものを作るのではなく、これからは、美容師が全てをコントロールできる環境になるのです。酸性系縮毛矯正剤は、そんな、アバウトな薬品が、既に、アイロンの熱量とカラーや様々な損傷の中で単純にpHが下がっただけのことで、そんなことも知らず美容師はよい薬品と勘違いしています。更にチオが悪いとかも勘違い!最新縮毛矯正理論では、毛髪内部のs-s結合含有率をしっかり理解しています。17%です。こんな17%ぐらいの結合がチオで崩壊しても実は毛髪にダメージは起こりません!なぜなら、その他の結合が毛髪形状を支えられているからです。知識無い美容師はどんどん騙されていきます。

トリートメント系縮毛矯正を最新理論で分析

トリートメント系縮毛矯正とは、アニオン・カチオンなどのトリートメント剤やPPT、ミネラルなどに頼る技術をいいます。これらの技術に使用されるものは、必要ありません!技術があれば必要ないのです。では、なぜ必要なのか?素晴らしい技術ではなくて、物売りが売りたい物と解釈したほうが良いでしょう。最新縮毛矯正理論では、そのようなものを使用しなくても美髪になる方法を導きさしています。

縮毛矯正とは?

縮毛矯正とは、自身が持つ強い癖である縮毛をその強い癖に合わせた薬品を毛髪に反応させて、アイロン等の道具によりストレート形状に仕上げることです。現代では、癖の弱い方や、艶出し効果に多く使われ、縮毛で困っている方には、伸びない技術も存在していることは事実です。縮毛の髪を伸ばす技術本当に進化したらかなりの可能性を秘めた最高な技術に向かいます。

縮毛矯正の特徴

特徴は、薬剤が強いため、硬い毛髪に適した薬剤が多く、多くの毛髪状態で、美容室では、行き過ぎた反応が起こりダメージ進行が大きな問題となっていました。アイロンによる形状変化を固定する工程などは、薬剤設定のミスによりアイロンが過剰反応したり、アイロンミスにより毛髪が物理的に損傷したり、上手いという技術者が行えば別にひどいことにはなりません、また上手い技術者は、毛髪自体の限度を見極めるので、できるかできないも結果想定してくれます。美容師だから安心ではないので、多くの実例のあるサロンで行うことが秘訣であると思います。

最新縮毛矯正技術内容

一般技術と最新縮毛矯正技術とでは、アイロンの本当の理由も違えば塩結合の安定方法や還元酸化の可逆反応の方法すら違います。ここが間違っているから上手い縮毛矯正ができないということになります。

アイロン技術

アイロン技術は、難しい技術です。髪を美髪に美しく酸化させることに優れていて、しっかり技術で結果を出せる技術者にとっては、なくてはならないアイテムです。ただ、アイロンが苦手な方にとってはアイロンがダメとかいう表現をしてしまいます。アイロンがダメではなく、アイロンを使うことが下手なだけで、いろいろ、焦げた、炭化した、アイロン圧がダメとか書いています。でも世の中には、確実に安定した縮毛矯正をアイロンを使い結果を出している技術者がいることが、アイロンが悪いということを完全に否定しています。道具は、使い手で行きます。道具が悪いことは一切ありません!どんな道具も使い方が悪いだけ、使いこなせていないだけ、使う用途に合っていないだけで、使いう方がすべてを判断しているのでここを認識しておいてください。

ドライヤーによる酸化

さて、アイロンのリスクを避けるためにできた技術が、このドライヤー等による酸化固定です。薬剤のきき方は、ドラーヤーというアイロンよりも固定感が低い道具を使うので、伸ばすためにきかせています。この技術の怖いところは、2回目にサロンを変えてアイロンで行う技術をしてしまうところです。前回、薬品が効いている状態に、判断を間違えれば、アイロンでひどい状態になります。しかしこれは、前回の施術で過剰な反応を内部に残している状態です。ここを見極めないといけません!美容師は、このような判断をその予約時間で見極めなければなりません!各サロンで保証することは、健康毛に対して大丈夫な範囲です。実際、施術前に潜んでいる、他店ダメージがある場合責任の所在が明確ではないため、保証できないと思います。美容師も身を守るためによく勉強し毛髪診断を極めなければなりません!

液体のみの酸化工程

全てのリスクを避けて液体のみの酸化を選ぶ場合、強い癖であれば絶対に癖がのこります。残らない技術であれば、今の常識的判断から言うと。強すぎる薬剤反応を行わなければ髪は、ストレートヘアを維持することはないと思います。

縮毛矯正の選び方

縮毛矯正という技術を選ぶ場合、今話した、酸化という技術でも知っていれば、自分に合う技術が存在するということを覚えておいてください。誰もかれも一つの技術であてはまることはありません!自分に合った薬品であり、その時!今まで、カラーや縮毛矯正など何をしてきたかで、毛髪の部分部分でも全てやり方が変わります。ここが本当に重要です!

ミネラルがいいとか、濃密とか、縮毛矯正で言えることは、毛髪環境を整え安定した薬剤反応を起こすための環境設定剤は必要ですが、毛髪内部成分に異物が残るようなことはないほうが、確実な美髪を手に入れることができます。やっている技術者たちが存在していることは事実です。だから、できるので正しい表現です。

現実に結果を出しているサロンを選ぶ

簡単な髪で、多くのサロンはコマーシャルしています。そして、1パターンでの結果の写真は、危険です。何度も、色々な髪で成果を上げているサロンを選びましょう!あなたの髪は、誰とも同じということではないので、その髪を見極めてくれる実力者にお願いすることが重要です。そして、塗り物でごまかさないサロンが重要です。ミネラルを宣伝しているサロンでは、ミネラルの効果なので、抜ければバサバサです。髪は髪内部の素材が安定してできている美髪が、最高に美しくその形状を維持します。このことは絶対に忘れないでください!縮毛矯正という技術は、本当に難しい技術です。

縮毛矯正のまとめ

まず自分の髪が、特に難しいとされる毛髪であるか独自で診断!

  • 細く柔らかい髪
  • 水にぬれると柔らかくテロテロな状態
  • カラーを行っている、縮毛矯正を行っている
  • 硬い髪で、かなり強く、前回までの縮毛矯正でカナリ薬剤が効いている
  • 根元の健康毛と、以前行っている技術との境目が極端に違う
  • 強い癖だが、髪は柔らかい

いろいろありますが、特に美容師が気を使う内容です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ